北海道放送

北海道の地に初めて民間放送の電波を発信したのが、私たちHBC北海道放送です。HBCはテレビとラジオの兼営放送局という特性を活かし、コンサートや講演会などイベントの開催も手掛けています。今後も道民に最も愛され、信頼される放送局を目指し、北海道の発展に貢献し続けます。当社の現在のキャッチフレーズは「ガッチャンコHBC」です。「人と人」、「地域と地域」をつなぐ仕事を通して北海道を盛り上げます。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    報道制作センター 報道部

    記者

    伊藤 拓也

    2017年入社

    人文学部 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      誰かの心を揺さぶる番組をつくりたい。そして、最前線でその瞬間に自分も立ち会いたいと思ったからです。

    • どんな後輩が欲しいですか?

      どんな逆境に置かれても、前向きに考えて行動できる人。そして、何より「テレビ」が好きな後輩と一緒に働きたいです。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      事件、事故、災害などを取材して、ニュース原稿を書いています。時には、自らデジカメを回してスクープを狙うこともあります。

    • ローカル局で働く魅力は?

      報道記者、バラエティディレクター、営業マン、イベント運営… さまざまな立場から北海道の今を発信することができます。

  • 先輩写真02

    ラジオ局営業部

    営業職

    増森 彩香

    2016年入社

    教育学部 卒業

    • 就活中に対策して気をつけたことは?

      周りの就活生に埋もれないこと。自分の名前を太字で書いたり、面接では絶対に背伸びした発言をしないよう心がけました。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      企業のターゲットに合わせて、ラジオCMのご案内をすることです。また、ラジオを絡めたイベントを組み立てたりしています。

    • 仕事での成功談は?

      ビヤガーデン集客のために、毎週現場から中継をするという企画。徐々にリスナーに浸透して、ファンが集まってくれました。

    • ローカル局で働く魅力は?

      北海道にはニュースがたくさん。クマの目撃、初雪、ファイターズ情報、お店のオープン…。電波で道内に広く伝えられることです!

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • あなたのやりたいを叶えたい!情熱を思う存分発揮して下さい!北海道は他の地域では見ることのできない動植物や美しい四季に出会える特別な土地です。全国へ放送できる未知なる映像がたくさん撮影できます。また、食べ物がおいしく、楽しいアクティビティも非常に多いため、プライベートが充実しているのも北海道で働く魅力のひとつです。仕事もプライベートも充実している最高の職場があなたを待っています!