東日本放送

KHB東日本放送は、宮城県仙台市に本社を置くテレビ朝日系列のテレビ局です。長寿番組でもある「突撃!ナマイキTV」等、自社制作番組が多いのが特徴です。KHBは、アットホームな雰囲気の中でも「どんどんチャレンジしよう!」という社風がありますので、若手社員のアイディアから実現した企画も数多くあります。また、2021年には新社屋へ移転します。新しい場所で新しいKHBを作って行きたいと現在計画中です。これからも番組やイベント等を通して、地域の皆さまに必要とされるテレビ局であり続けるよう、精進していきたいと思います。皆さんの創造力を「形」にしてみませんか?

先輩紹介

  • 先輩写真01

    報道制作局アナウンス部

    アナウンサー

    糸井 文菜

    2016年入社

    コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      報道・情報・スポーツなど、様々なジャンルの仕事に関わることが出来ることに惹かれました。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      「突撃!ナマイキTV」MC

    • 社内の雰囲気は?

      何でも気軽に話せる先輩方の存在が大きく、厳しさもありながら、冗談やユーモアたっぷりの会話が弾む社内の雰囲気が大好きです。

    • ローカル局で働く魅力は?

      地元密着だからこそ、自分の企画を深く追いかけて取材が出来ることです。

  • 先輩写真02

    報道制作局報道部

    報道記者

    国安 貴俊

    2016年入社

    社会学部メディア社会学科 卒業

    • 面接時に注意していたことは?

      限られた時間の中で自分を知ってもらうために、自分にしかない具体的なエピソードを話すようにしていました。

    • 入社してよかったことは?

      日々の取材で、いろんな職種の人とお話できるということです。毎日のように刺激を受けて、自分が変わっていると実感します。

    • 自分の仕事のやりがいは?

      自分が関わったものが放送されて、沢山の人に見てもらえるので、影響力の大きい仕事をしていると実感できることです。

    • ローカル局で働く魅力は?

      一人一人に任される裁量が大きいことです。若手社員でも企画を考えて、それを採用してもらえる環境があります。

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • KHB東日本放送は、アットホームな雰囲気の中でも「どんどんチャレンジしよう!」という社風がありますので、若手社員のアイディアから生まれ、実現した企画も数多くあります。開局40周年を記念して制作した映画「殿、利息でござる!」もその1つです。また、2021年には新社屋への移転を予定し ており、「新しい KHB」を作ろうと現在進行中です。みなさんのアイディアを「形」にして みませんか?共に働ける日を、楽しみにお待ちしております!