エフエム仙台

エフエム仙台、愛称「Date fm」は、民放のFMラジオ局として東北で初めて開局し、37周年を迎える杜の都仙台にあるラジオ局です。毎日のラジオ放送だけでなく、多数のイベントを企画・開催しています。「地域の役に立ち、リスナーに支持されるFM局」をモットーに地域と共に歩み宮城に密着したラジオ局です。東日本大震災以降は、防災・減災対策や環境保護へ積極的に取組み、復興への後押しを担っています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    営業局営業部

    営業

    名護 ひと美

    2006年入社

    社会福祉学科

    • 入社を決めた理由は?

      ラジオ放送のみにとどまらず、イベントの企画・運営など様々なコンテンツを発信できる職場であること。報道・番組制作・イベント制作・営業など幅広く興味があったため。

    • どんな後輩がほしいですか?

      どんな方でも必ず何か楽しみややりがいを見つけられる職場だと思いますが、人の気持ちや、物事の本質を考えることのできる「想像力」を持てる方を期待したいです。

    • 自分の仕事のやりがいは?

      自分で企画・提案をしたものが、実際に番組やイベントなどの形になり、お客様や参加して下さった皆さんが喜んでくれた時。他では味わうことができない達成感があります。

    • あなたが考えるローカル局の役割とは?

      全国規模では見つけることができない、地域の「可能性」や「良いところ」、そして「問題点」などに目を向け一緒に発信していくこと。

  • 先輩写真02

    営業部東京支社

    営業

    松下 有輝

    2013年入社

    電気情報工学科 卒業

    • 会社選びの基準としていたことは?

      自分自身を活かせるかどうか。自分がその組織の一員となり、「何をしてみたいか」「何ができるのか」を意識した。

    • 一緒に働きたいと感じる人は?

      社会には様々な考え方が存在して当然だと思うが、同じ価値観や同じビジョンを持った人と一緒に働きたい。

    • 入社して一番大変だったことは?

      仕事のペースを掴むこと。効率的に業務を進めるため、しっかりと筋道を立てて考えることの重要性を実感した。

    • ローカル局で働く魅力は?

      リスナーやスポンサーとの距離が近く、「地域との関わり」を実感できること。部署の隔たりも無く、色々な経験ができるのも魅力!

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • 2017年開局35周年を迎えた当社は、『ラジオの進化』に積極的に参加したいという方を求めています。私達は、従来のラジオの特徴を活かしながら新しいコンテンツを創り上げていくと同時に、地域社会に貢献できる地元メディアを目指しています。これからも進化していくラジオ局でありたいと考えている当社であなたの漲る若さとパワーを発揮してください。