山形放送

先輩紹介

  • 先輩写真01

    報道制作局報道部

    記者

    沼尾 薫

    2017年入社

    人文学部人間文化学科 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      小さい頃からテレビが好きだったことと、地元・山形の魅力を発信したいという思いから入社を決めました。

    • 自分の仕事のやりがいは?

      取材をして、今まで見えなかった「面白さ」を発見できたときや、その「面白さ」をどう表現するか考えるのが楽しく、やりがいを感じます。

    • 入社してよかったことは?

      記者の仕事柄、現場で生の声が聞けることです。また、ジャンルを問わず様々な取材 をすることで、多くの刺激を受けることが出来ます。

    • あなたが考えるローカル局の役割とは?

      地元の方の生活に寄り添う放送をすることで、地元をもっと好きになってもらい、元気 にしていくのが役割だと思います。

  • 先輩写真02

    営業局イノベーション事業部

    佐藤 玲

    2017年入社

    人文学部法経政策学科 卒業

    • 会社選びの基準としていたことは?

      地方をプラスに変えていくことができる会社であること、仕事を通して自己成長できるということです。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      イベントの企画運営をする部署なので、イベントの告知や集客のためのチラシ、ポスター、テレビ・ラジオCMの制作をしています。

    • 社内の雰囲気は?

      親しみやすい雰囲気です。先輩方とコミュニケーションを取りながら、楽しく仕事をすることができています。

    • ローカル局で働く魅力は?

      仕事の幅が広く何でもできることです。また、人の心を動かす仕事ができ、人生の分岐 点となり得る出来事にも立ち会えることです。

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • 山形放送は、1953年にラジオ開局、1960年にはテレビ放送を開始。地域社会と運命共同体の 精神で県民とともに歩んできました。テレビは12年連続年間、25年連続年度視聴率三冠を継続中。県内で最も親しまれ信頼されている放送局です。心身ともに健康で豊かな発想と行動力のある方を求めています。