新潟総合テレビ

創立50年を迎えたNST新潟総合テレビは平均年齢39歳、20代30代の構成比率60%と県内局の中でも若いスタッフで構成され、常に新しい企画を新潟県の視聴者とクライアントの皆様にご提供し続けています。テレビを見た人どうしが、当社のイベントに集う人どうしが笑顔でつながることが新潟をもっと元気にすることだと、私たちは日々活動しています。30年以上新潟県内民放局売上NO.1を続けてこられたのは、皆様からご支持いただいているからだと、社員全員がプライドを持って走り続けています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    東京営業部

    営業職

    橋本 滉大

    2016年入社

    教育学部 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      エリアNo.1局であることを誇りに地元で働けること、少人数のため、成長できる環境であることを理由に、入社を決めました。

    • 一緒に働きたいと感じる人は?

      トレンドや面白い事に常にアンテナを高く張れる人、テレビが大好きな人。

    • 自分の仕事のやりがいは?

      広告代理店やスポンサーの担当者の方と信頼関係を築いて、新潟のNSTだからこそ出来る企画に落とし込んで商品を訴求できることです。

    • あなたが考えるローカル局の役割とは?

      大好きな地元の新潟のために働けること、働いている中で新潟の魅力を更に発見できることが魅力だと思います。

  • 先輩写真02

    報道制作部

    報道記者

    堀 沙織

    2014年入社

    経営学部 卒業

    • 就活中に対策して気をつけたことは?

      自分が成長できる環境であること、人の人生に影響を与える仕事ができることの2つを柱に就職活動をしていました。

    • 入社してよかったことは?

      刺激的な毎日を送れていること。取材を通して普段は出会えない方々と出会えたこと。 仕事での経験が人生の糧となっています。

    • 自分の会社を一言で表すならば?

      “1番 ”にこだわる会社…小さな事でもトップを取るという熱意を持っている人が多く、新しい事も先駆けて取入れることが多いです。

    • ローカル局で働く魅力は?

      視聴者との距離が近いこと。幅広い仕事に挑戦できること。自分の考えを形にしやすいところ。ほかにもたくさんあります!

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • NST は民放局でいち早く(2014年)定年65歳制を導入しており、新卒では40年以上働くことになります。 人生の半分以上を過ごす企業選択はとても大変ですが、一緒に夢をかなえる仲間を見つけ出す私たちも「本気」です。 育った家庭には家風、通った学校には校風があるように、各企業にも「社風」があります。 説明会や面接を通じてNSTの社風を感じ、一緒に新潟を盛り上げてくれる方に出会えることに楽しみにしています!