エフエム富士

山梨県を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に長野県と広範囲のエリアに向けて、全て自社制作で放送をしているラジオ局です。地方のラジオ局でありながらも、アイドルとお笑いタレントの番組ラインナップは、キー局にひけを取らず、全国からradikoで聞かれています。また、ラジオ放送だけでなく、イベント事業や音楽ライブ、フリーペーパー作成など様々な事業にも力を入れています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    営業本部 営業部

    営業職

    藤巻 広平

    2018年入社

    経営学部 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      独立局として、全て自社で制作・編成を行い、コンテンツを送り出している点に非常に魅力を感じたからです。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      営業職として、スポンサー企業に番組の魅力を伝え、より効果的なPRが出来るよう、広告戦略を企画提案しています。

    • 入社してよかったことは?

      提案や取材で多くの場所を訪れ、多くの方々とお会いする機会が増えたことで、興味の幅が広がり人間的な成長を実感しています。

    • あなたが考えるローカル局の役割は?

      都市圏とローカルエリアの人々や情報の行き来を活性化させ、新たな文化を生み出すきっかけを作ることが役割の一つだと思います。

  • 先輩写真02

    放送本部 編成制作部

    アナウンサー

    森川 真帆

    2018年入社

    社会イノベーション学部 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      ラジオというメディアから自分の声で情報を多くの人に伝えることで、人の役に立ちたいと思ったからです。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      アナウンサーとして、交通・天気情報やニュースをお伝えするほか、CMナレーションやレコード室のCD管理などを行っています

    • 入社して一番楽しかったことは?

      レポート中継です。そしてその中継を聞いたリスナーから行ってみたいという声を聞けたことです。

    • ローカルで暮らす良さとは?

      東京の喧騒から一転、山梨は自然が多くのびのびと出来るところです。人も温かくて優しいです。

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • ラジオ局であるFM FUJIは、常にリスナーと共にありました。SNSでリスナーのメッセージが届くようになったいま、FM FUJIとリスナーの距離は無くなり、リスナーの言葉は即座に番組へ反映されます。それが、未だに幅広い世代にFM FUJIが慕われている理由だと思います。今後、どのようなメディアが出現してもFM FUJIはそれを取り込んでリスナーとの絆を保ち続けることでしょう。ただ、ラジオを知らない世代にとって「FM FUJIって何?」という状況があるのも事実。だからこそ、FM FUJIを生まれ変わらせると共に新たな価値をつけて、FM FUJIをもっとたくさんの人に知ってもらうことが必要なのです。そのためには、あらゆるものに興味を持ち、多面的に考え、そして即座に行動できる人材を求めています。