日本海テレビジョン放送

日本海テレビは、山陰でいち早く開局したテレビ局で、2019年3月3日で開局60周年。現在、視聴率は6年連続3冠王を獲得しており、皆様に「信頼できる」「楽しめる」番組をお届けできていることは私たちの誇りです。「いまを伝え、未来を創る。」このコーポレートメッセージのもとに目指すのは、エリアで信頼され、親しまれる放送局であること。メディアとして責任と情熱を持ち、地域に寄り添っていきたいと思っています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    技術局技術部

    技術職

    大西 伸明

    2016年入社

    工学部 卒業

    • いまの具体的な仕事内容は?

      生放送番組の音声ミキサーやカメラを担当しています。また、放送の監視業務や放送機器のメンテナンスもしています。

    • 入社して一番楽しかったことは?

      イベント中継。その場で自分自身が感じた緊張や熱を、マイクやカメラを通して視聴者の皆様に伝えられた時の達成感は格別です。

    • 入社して一番大変だったことは?

      監視業務中に緊急ニュースが入り、通常の番組を打ち切って特番へ切り替えたり、各所へ連絡したり…とにかく大変でした。

    • ローカルで暮らす良さとは?

      自然が多いので、日常から解放されリフレッシュできること。静かな睡眠ができること。

  • 先輩写真02

    編成営業局編成部

    編成部

    岡 真里恵

    2017年入社

    商学部 卒業

    • いまの具体的な仕事内容は?

      番組表の作成、視聴者対応、番組広報などを担当しています。どうしたら「この番組を見たい!」と思ってもらえるかを考えています。

    • 自分の会社を一言で表すならば?

      「信頼」。視聴者・取引先から、地域で最も「信頼」されるテレビ局であり続けることを目指して、社員全員が一致団結しています。

    • 社内の雰囲気は?

      個性豊かな人が多く、明るい雰囲気です。家族のような温かさもあり若手がのびのびと仕事ができる環境です。

    • ローカル局で働く魅力は?

      愛着のある地元に貢献できることです。視聴者との距離が近いため、地域に根ざした放送ができます。

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • 私たちは、この山陰で最も愛され最も信頼される放送局でありつづけることを目指しています。そしてテレビが地域を元気づけ、人々の暮らしをより楽しく豊かにするために必要なメディアであることはこれからも変わらないと信じています。求めるのは、まず山陰を愛する人、そしてテレビが好きで何事にも積極的に取り組むチャレンジ精神あふれる人です。私たちと一緒にこれからの日本海テレビを創っていきましょう!