テレビ西日本

TNCは2018年、60周年を迎えました。合言葉は「ロックに。自由に。TNC」テレビや地方といった既成概念にとらわれることなく、新番組や映画はもちろん、放送の枠を飛び出したビジネス開発など、新たなチャレンジに取り組んでいます。その中心では多くの若手社員が活躍しています。放送業界では「若手は雑用」といったイメージがあるかもしれませんが、TNCでは若手のアイデアが具体化すること決して珍しくありません!

先輩紹介

  • 先輩写真01

    営業局営業部

    古賀 あゆみ

    2013年入社

    スポーツ科学部 卒業

    • 就活中に対策して気をつけたことは?

      テレビ業界に絞り就職活動していたので、ニュースや新聞はかかさず目を通し、自分の意見を持つようにしていました。

    • 一緒に働きたいと感じる人は?

      楽しい時だけでなく、ハプニングや大変な時も含めて、いろんな状況を楽しめる人と一緒に働きたいです。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      テレビのCM 枠の販売をはじめ、クライアントのニーズにあわせた企画を考えて提案します。

    • ローカル局で働く魅力は?

      一人一人の業務の幅が広いので、自分のやりたいことを多岐にわたって提案実現することができます。

  • 先輩写真02

    報道局報道部

    記者

    藤野龍太

    2016年入社

    法学部 卒業

    • 面接時に注意していたことは?

      自分を飾らず、ありのままでいること。一緒に飲みに行きたいと思われるように一面接、一回の笑いを目指す。

    • 入社してよかったことは?

      普通は絶対に見られない世界を見られる、会えない人に出会える。日々異なる取材をするため、本当に毎日が刺激的です。

    • 社内の雰囲気は?

      「自分がする!」と言えば全力でそれを支えてくれる、そんな温かくてチャレンジ精神旺盛な雰囲気。

    • ローカル局で働く魅力は?

      地元に密着した取材ができ、「見た」「良かった」と声をかけられることも。逆に取材を通して地元の良さを再発見できる!

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • 近年、テレビを取り巻く環境は大きな変化の真っただ中にあります。情報の信頼性やクオリティといった テレビ本来の強みを活かしつつ、新たな可能性を広げていくためには、若手の活躍が欠かせません。当社が必要としているのは、まず何よりテレビが大好きな人。そして、テレビを使って新しいことがやってみたい人。「ここまででいい」と自分で限界を決めずに、挑戦を続けられる人と一緒に成長していきたいです。