福岡放送

先輩紹介

  • 先輩写真01

    制作スポーツ局

    ディレクター

    羽田野 雅裕

    2008年入社

    法学部 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      福岡のテレビの空気が好きだったから。また、色んなタイプの人がみんな楽しそうに仕事してるように感じたから。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      深夜バラエティ番組と特番のディレクター。企画・出演者オーディション・台本作成・収録・編集など。

    • 入社して一番楽しかったことは?

      初めて松本人志さんを福岡に招いた特番を作った時、ロケ・編集の間、ずっと笑った。番組制作期間でそれまでの人生分笑った。

    • ローカル局で働く魅力は?

      自由度の高い番組作りができるのかも。と、様々なセクションの人と超気軽にコミュニケーションできるホーム感とスケール感。

  • 先輩写真02

    報道部

    記者

    村田麻来

    2015年入社

    日本語・日本文化学類 卒業

    • 自分の仕事のやりがいは?

      情報の最前線を伝えること、そして描きたい人やテーマと深く向き合うこと。大変ですが、時間を忘れるくらい楽しいです!

    • 自分の会社を一言で表すならば?

      懐が深い会社です!若手にどんどんチャンスを与えてくれて、育ててくれます。こうなりたいと思えるかっこいい先輩が多いです。

    • 就活中に対策して気をつけたことは?

      志望動機で必ずやりたいことを明確にしていました。何をしたいのかが細かく分かると、入社後のイメージも話しやすいと思います。

    • あなたが考えるローカル局の役割とは?

      地域目線の情報を伝える。災害や事件の情報はもちろん、地域で困っている人の声を拾っていく役目を担っていると思います。

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • 集まれ!新しい FBS を生み出すチャレンジャー。 FBS は報道記者、制作・スポーツディレクター、営業部員などそれぞれの現場で、若い内から挑戦する機会があります。これはFBSの伝統であり、元気の源でもあります。 福岡で「見たい番組、未体験な映像やイベント」を、いっしょに創り出しましょう。もっと、もっと『みたいけん。FBS』