長崎文化放送

当社は1988年創立、「私たちは日々の仕事を通じて、地域の元気を創造します」をビジョンとして掲げ、番組・イベントのみならず、日々の仕事を通じて、視聴者が住む長崎県を中心とする地域の元気を創っていきます。地域にこだわり、この地域を様々な意味で元気にすることが私たちNCC社員のミッションです。またNCCでは、仲間の意見と個性を尊重し自由な発想で様々な提案ができる職場環境を作っています。「全員制作!全員営業!」を目指しています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    報道制作部

    アナウンサー・記者

    宮﨑真実

    2012年入社

    現代文化学科 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      面接試験の雰囲気が良く、この会社の先輩方と一緒に働きたいと思いました。ここで働いている自分を想像できた事が決め手です。

    • 社内の雰囲気は?

      先輩・後輩と「楽しい番組を作ろう!」と結束しているので、意見がぶつかっても、前向きになれる雰囲気があります。

    • ローカル局で働く魅力は?

      チャンスがたくさんあること。地域の方たちから、番組を見たよ、私たちも頑張るねと、身近に感想をもらえるので力が湧きます。

    • 自分の仕事のやりがいは?

      自分の足で出向き、見て聞いて感じたことを自分の言葉で伝えることができることが一番のやりがいです。

  • 先輩写真02

    編成業務部

    編成デスク

    宇佐美 武史

    2012年入社

    情報システム工学科 卒業

    • いまの具体的な仕事内容は?

      どれだけ番組が見られているかの指標 “ 視聴率 ”を獲得するためのタイムテーブルを編成する仕事です。各部署とのパイプ役も務めます。

    • 地域の特色・自慢は?

      会社の先輩たちと行く、休日の釣りは気分最高。しかも魚が美味い!また世界新三大夜景に選ばれた稲佐山からの夜景も必見です!

    • 自分の仕事のやりがいは?

      編成したタイムテーブルで高視聴率を獲得した時は、大興奮!やりがいにつながります!

    • どんな後輩がほしいですか?

      元気で、楽しく、明るい後輩がほしいです。職場の雰囲気が良いと仕事も捗ります。仕事終わりには飲みに行きましょう!

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • ローカルならではの魅力。それは、テレビ局の様々な業務に「幅広く」チャレンジすることができること!ローカルテレビ局だからこそ、欲張りに、そしてあらゆる方向からテレビ局の仕事に関わることが出来ます。 自分に何が合っているかは、やってみないと分からない!若いうちから決めつける必要はありません。イケメン社長率いる私たち社員がサポートします。NCCで一緒に、新しい事にどんどんチャレンジしましょう!