テレビ熊本

1969年にフジテレビ系列局として開局。以来、地元熊本に密着した企業活動を続けており、2019年には開局50周年を迎えます。レギュラー番組以外にも特別番組としてスポーツ中継やドキュメンタリーの制作を多数手がけるほか、熊本初開催となる「TGC KUMAMOTO 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION」メディアパートナーなど、新しいイベントにも積極的に参加しています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    技術局

    メディア開発部

    柿山 翔一

    2013年入社

    物理学科 卒業

    • いまの具体的な仕事内容は?

      主に社内ネットワークやPC、放送業務を行うためのシステム等の管理を担当しています。番組制作にも時々携わっています。

    • 面接時に注意していたことは?

      自分の考えや思いを正直に伝えて、周りに流されないこと。わからないことにはわからないと正直に答えていました。

    • ローカル局で働く魅力は?

      スタッフは少数なので、主体的に番組制作やイベントに携わることができ、仕事おわりの達成感は大きいです。

    • あなたが考えるローカル局の役割とは?

      地域の衣食住の情報を視聴者に届けるとともに、熊本地震のような災害、事件の際には、いち早く“正確な” 情報を伝えること。

  • 先輩写真02

    東京支社 営業部

    営業

    小野 貴史

    2013年入社

    商学科 卒業

    • 面接時に注意していたことは?

      会話のキャッチボールを楽しむことが大切です。話すことをガチガチに暗記して臨む人がいますが、それでは上手くいきません。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      東京支社に勤務し、CM出稿を頂くため、毎日スポンサーや広告代理店を回り、営業を行なっています。

    • 仕事での成功談は?

      開局以来 CM出稿がなかったスポンサーから出稿を頂けたこと。CMが自社番組内で放送されているのを見た時は嬉しかったですね。

    • 地域の特色・自慢は?

      ご飯が美味しい、温泉が沢山ある、物価が安い、人が優しい!

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • 社員約70名と少人数体制のため、 企画営業や番組制作、中継業務などの責任ある現場で若手社員が活躍する機会が多々あります。また、テレビ局の仕事は多岐に渡り、色々な人と出会い、様々な経験ができるのも魅力の一つ。社内外を問わずたくさんの人たちとアイデアや意見を出し合い、想いをカタチにできるやりがいのある仕事です。私たちと一緒に様々なことに全力で挑戦していただける方のエントリーをお待ちしています。