南日本放送

MBC南日本放送は、鹿児島県のラジオ・テレビの兼営局です。 ニュースや気象情報のほか、各地の話題や生活情報、スポーツや歴史、文化など、「ふるさと鹿児島」の様々な動きを、ラジオ・テレビ・インターネットで毎日お伝えしているほか、イベントにも力を入れています。 鹿児島にはまだまだ知られていない魅力がいっぱいあります。「ふるさとたっぷり」を合言葉に、鹿児島の日常を探検して、鹿児島の価値を発信しています。

先輩紹介

  • 先輩写真01

    ネットワーク局 事業部

    秋葉 菫

    2018年入社

    音楽学部音楽芸術学科 卒業

    • 入社を決めた理由は?

      社是が「ふるさとたっぷり」であること、自社制作率も高いことから、この会社でなら鹿児島に貢献できると思い入社を決めました。

    • いまの具体的な仕事内容は?

      スポーツ大会や絵画展など、担当として受け持っている様々なジャンルのイベントの準備・運営等を行っています。

    • 自分の仕事のやりがいは?

      県民の方々の反応を直接感じられることです。イベントを通して県民の方と接する機会が多く、皆さんの笑顔を見ているととても嬉しくなります。

    • 地域の特色・自慢は?

      とにかく食べ物がおいしいことです!県民の方も温かく、困っていると優しく助けてくださります。

  • 先輩写真02

    営業局ラジオ営業部

    岡部 航大

    2018年入社

    法文学部経済情報学科 卒業

    • 会社選びの基準にしていたことは?

      とにかくたくさんの人・業界・業種とかかわることの出来る仕事。そして忙しくてもアットホームな企業に就職したかったです。

    • 今の具体的な仕事内容は?

      MBCラジオのセールスをしています。スポンサーに番組提供やイベント協賛の提案、時には番組やコーナーの内容にも関わるプロデューサーのような仕事をしています。

    • 社内の雰囲気は?

      実家みたいです(笑)。時に厳しく・時にやさしく。家族のように面倒を見てくださる先輩方と一緒に「ふるさとたっぷり」という同じ目標に向かっています。

    • ローカル局で働く魅力は?

      地域との距離感が近く、より地方ならではの人間味のあふれた仕事と生活の両立が出来ます。仕事の規模はもしかしたら小さいかも知れないですが、その分任せてもらえる仕事の範囲も広いのでやりがいも非常にあります。

採用担当者より就活生の皆様へメッセージ

  • MBC南日本放送は「ふるさとたっぷり」を合言葉に、テレビ・ラジオ・インターネット、そしてイベント等を通して、県民の皆さんと喜怒哀楽を共にし、鹿児島の暮らしの一部となる放送局を目指しています。社内の雰囲気はアットホーム! 自慢の社員食堂はいつも満席。そろいの浴衣を着て祭りにも参加します。今、転換期を迎えようとしている放送業界。新しい地域メディアの可能性を一緒に探り、創りあげていきませんか!