(株)ファーマみらい【共創未来グループ】

所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー10F
業種
調剤薬局|医薬品卸

プロフェッショナルの仕事

「未病から看取りまで」を担い
人々が笑顔になれる薬剤師をめざしたい

高嶋 由紀乃さん

2015年入社。東邦大学薬学部卒業。マルサン薬品みどり薬局で、患者さんに寄り添ったサポートを実践しながら、人材開発研修課でキャリアアップ。休日は、和食の料理教室に通うほか、ジムでリフレッシュ。

薬剤師として自分を高められる多彩な研修が魅力

医療に関わる仕事を通じ、病気で苦しんでいる人の支えになりたいという思いから、薬剤師をめざして薬学部に進学。調剤業務や服薬指導にとどまらず、地域の人々とのコミュニケーションを大切に、患者さんに寄り添いながら健康や生活をサポートしたいと思っていました。
そんな私がファーマみらいを選んだのは、当社が、薬歴などを口頭で読み上げることで作成できる「音声認識薬歴作成システム」を全店舗に導入していたから。ここなら事務作業に追われることなく、常に患者さんの立場に立って話を聞いたり、親身に対応することができると思ったのです。
さらに、研修が充実していることも要因の一つ。実際、全国から同期が集まる「フォローアップ研修」では、互いに刺激を受けながら知識や成長を共有できますし、「疾患別勉強会」では、脂質異常症、糖尿病、がん、精神疾患など、さまざまな疾患について学べます。知識が偏ることなく、薬剤師として医療のジェネラリストをめざしていける環境が魅力です。

音声薬歴作成システムを学ぶ新入社員研修。
多彩な研修プログラムでスキルアップ。

現場での経験を生かし、さらなるステップアップへ

「がんについて勉強したい」という希望が叶い、入社後に配属されたのはがんセンターの門前薬局。在宅医療も経験し、新人ながら多くの症例に接する機会がありました。治療への対応はもちろん、どのように接したら患者さん自身が病気と前向きに向き合えるのか、心のケアもふまえて患者さんやご家族に寄り添い、支えていくことの大切さも学ぶことができました。それからは街の健康サポート薬局、かかりつけ薬局の薬剤師として、服薬指導や調剤業務、在宅医療などに従事。“患者さんが笑顔になる薬剤師”を目指して邁進してきました。
一方で、すべての薬剤師が「未病から看取りまで」を担えるようになることの重要性を痛感する機会も。そんな折、研修課で自分を試してみないかとのお話があり、「フォローアップ研修」や「疾患別研修」などのさらなるレベルアップと、薬剤師の能力の底上げに貢献したいと思い、挑戦することを決意しました。

全国に368店舗を展開。地域医療に貢献し、
地域の人々に笑顔と安心を届けている。

現在の目標は、薬剤師の“人間力”を磨くこと

私が薬局で最も大切にしてきたのは、患者さんの話をよく聞くこと。普段の何気ない会話や表情、しぐさなどから、その人の体調や心配事、生活状況までも読み取ることができるからです。患者さんとのコミュニケーションのために、健康をテーマにしたテレビ番組はできるだけチェックするなど、自分の引き出しを増やすよう心がけていました。
しかし、これからの薬剤師は、健康サポートやセルフメディケーション推進の観点から、より気軽に相談できる「かかりつけ薬剤師」としてこれまで以上に高いコミュニケーション能力が求められていくでしょう。そこで今後、研修課で取り組んでみたいのが“人間力”を高める研修。地域包括ケアを担う、専門性と人間力の双方を兼ね備えた薬剤師の育成です。
研修を通じて薬剤師一人ひとりの人間力を高め、患者さんが求めているのは何なのか、薬剤師が自ら考えて患者さんに寄り添っていけたら―。そして、当社が患者さんに選ばれる薬局であり続けられたらと願っています。

薬剤師のレベルアップをはかる研修を企画。
これまでのキャリアを生かした挑戦だ。

Message

音声による薬歴作成システム導入や、在庫管理、調剤、鑑査などのオンライン化を積極的に推進している当社。薬剤師の業務をサポートし、知識を高め、患者さんと寄り添える時間を増やすことが目的です。
また、意欲次第でどんどん活躍のチャンスを与えるフラットな社風も当社の大きな特長。産休・育休・時短勤務など社員が働きやすい制度も整備していますので、一人ひとりが自分のキャリア志向に応じて活躍しています。

(株)ファーマみらい【共創未来グループ】

所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー10F
業種
調剤薬局
  • 医薬品卸