(株)サエラ(サエラ薬局)【薬剤師職】

所在地
大阪府大阪市中央区本町2丁目2-5 本町第2ビル3F
業種
調剤薬局

プロフェッショナルの仕事

薬局薬剤師の新たな領域を拓くため、
働きながら大学で研究を行い博士号を取得!

松浦正佳さん

1998年入社。近畿大学薬学部卒。新店舗開発のマネージャーとして数々の店舗を立ち上げた実績を持ち、サプリメント開発にも参画。2018年、薬局薬剤師としては稀有な博士号を取得した。

創業当初から新店舗開発のマネージャーとして活躍

私が入社したのは、サエラが創業して2年目の頃。入社2年目で富山の店舗の店長となり、その後大阪本社に異動し新規出店に携わりました。新店舗立ち上げにおいては、店舗の設計や地域医療機関との打ち合わせなどさまざまな業務がある中、特に苦労したのが設計段階でのレイアウトと実際の動線のミスマッチです。いかにスタッフが効率よく動けるか、現場でレイアウト変更をすることもありました。このようにして立ち上げた店舗は約20店舗に上り、新店舗開発のノウハウを積み重ねていきました。

現在でこそ医薬分業が当たり前ですが、当初は院外処方に慣れていない患者さまが多く、薬局で薬をお渡しするメリットを実感してもらうことをとことん意識し、地域の薬剤師として一人ひとりに寄り添ったきめ細かい対応ができる店舗を目指しました。

2018年に博士号(薬学)を取得。
薬局薬剤師として新たな境地を開拓しました

未病・予防に貢献するサプリメントを開発

サエラでは、未病・予防といったセルフメディケーションにも力を入れており、サプリメント開発にも取り組んでいます。米国での調査を経て、クリルオイルを主成分とした女性向けサプリメント、グルコサミンやビルベリーを主成分としたサプリメントを開発、2018年春に発売しました。原材料や成分含有量はもちろん、グルコサミンは高齢者が飲みやすいチュアブルタイプにするなど、かなりこだわりました。薬剤師がこうした新しい分野に挑戦できるのも、当社の魅力だと思っています。

私は現在、店舗支援部で地域に根づいた健康サポート薬局や、「かかりつけ薬剤師」の育成を側面からサポートしています。これからの薬局薬剤師は、保険調剤、在宅医療、OTCだけでなく健康をサポートするための幅広い知識が求められます。今後は薬学業界全体を見渡す広い視野を持った薬剤師を育てていきたいと思っています。

パッケージから品質に至るまで、店舗スタッ
フの意見も取り入れながら開発しました。

働きながら大学にて研究を行い、博士号(薬学)を取得

大学で研究を行うことを決意したのは、大学の先生から「製薬会社の社員や病院薬剤師で学位をとる人はいるが、薬局薬剤師で学位をとる人はほとんどいない」という話を聞いたことがきっかけです。このままでは薬局薬剤師は全く研究をしていないと見られてしまう。そんなイメージを払拭したいと思い、働きながら大学で研究を行うことを決めました。

大学の研究施設で実験を行い、医薬品の安定性と体への影響を研究し、複数の論文にまとめました。主に土日を活用したため時間配分には苦労しましたが、晴れて博士号を取得しました。また、研究テーマの一つであった「とろみ調整剤」の研究では日本薬局学会学術総会で発表し、ポスター優秀演題賞を獲得することができました。研究内容は社内で共有し、薬局薬剤師の研究成果として薬局から患者さまや地域の人々にも発信していきたいと思っています。

仕事の合間をぬって研究を重ね、
学会でポスター優秀演題賞を獲得しました。

Message

私が働きながら学位を取得したように、サエラはやりたいことにチャレンジできる環境があります。薬局薬剤師は地域医療の担い手の一員であるため、プロとして知識を高めていく必要があります。研究や海外の情報に目を向けるのもその一つ。研究や海外の症例に関する文献や論文は英語が多く、英語力も必要になります。当社では海外視察研修だけでなく社員旅行でハワイなど海外へ行く機会もあるので、英語に興味を持つ人も多いですよ!

(株)サエラ(サエラ薬局)【薬剤師職】

所在地
大阪府大阪市中央区本町2丁目2-5 本町第2ビル3F
業種
調剤薬局