WHAT 信用金庫って?WHAT 信用金庫って?

信用金庫は地域に生まれ、
地域とともに生きる金融機関です。

全国に約260ある信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。したがって業務の遂行にあたっては、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。さらに、営業地域は一定の地域に限定されており、お預かりした資金はその地域の発展に生かされています。
一方、銀行は、株式会社であり、海外の投資家を含む株主の利益が重視され、主な取引先には大企業や海外企業も含まれています。

WHY 今なぜ、信用金庫なの?WHY 今なぜ、信用金庫なの?

地域社会のために活躍できる仕事!

信用金庫は、中小企業や地域住民のための協同組織による地域金融機関です。
基本的なビジョンは、「地域社会繁栄への奉仕」「中小企業の健全な発展」「豊かな国民生活の実現」の3つです。
つまり、すべてが地域の人と企業のためになる仕事なのです。

WHY 今なぜ、信用金庫なの?WHY 今なぜ、信用金庫なの?

来店したお客様のご用件に応じて、入出金やお振り込みなど、預金事務をはじめとする各種手続きやご相談の受付などを担当します。直接お客様をお迎えする「信用金庫の顔」として活躍できる仕事です。お客様へローンや資産運用などに関する情報提供やご提案をしたり、お客様からご相談を受けた際に、専門の担当者へ取り次ぐのも窓口業務の仕事です。

地域のお客様をご訪問し、お客様のニーズに合った預金や融資などの金融商品をご提案します。お客様一人ひとりとのコミュニケーションを通じて、信頼関係を築き上げていくなかで、お客様の人生や会社の経営に関わることもできる仕事です。

お客様からの融資のご相談、お申込み、審査など、一連の融資に関する業務に携わります。他の業務を担当する職員とも連携し、現場での情報を共有しながら、お客様の資金ニーズを念頭に、より良い提案やアドバイスを行います。

お客様のお悩みや専門的な相談についてアドバイスやサポートをしながら、一緒になって課題解決に取り組みます。相続、資産運用、創業、販路開拓、事業再生・承継などのお手伝いのほか、取引先企業の紹介や地域の活性化に向けて地元の人や企業の連携をサポートします。また、専門的な相談にも応えられるように、中小企業診断士やFPなどの資格取得にも取り組んでいます。

マイナビキャリアサポーターが徹底解説! 「今」だから知りたい 「信用金庫業界」のイベントを開催します!

いよいよ就活スタート!金融・信用金庫業界へ興味をお持ちのみなさん、エントリーシートや説明会、面接に向けて、しっかり業界の仕組みや強み、違いなどを理解できていますか?そこでこの時期だからこそ、改めて知りたい「信用金庫と銀行の違い」「信用金庫の特徴」「信用金庫の仕事ややりがい」など、信用金庫業界をマイナビのキャリアサポーターが丸ごとお伝えするイベントを開催します!当日はキャリアサポーターによる「ES/文章力UPセミナー」も同時講演予定。この時期からの就活に役立つこと間違いなしの限定イベントです!
お申し込みはこちら