医療・福祉・介護職をめざす全ての学生のための就職情報サイト

マイナビ2021 医療・福祉ナビマイナビ2021 医療・福祉ナビ

社会福祉法人 安曇野福祉協会

所在地
長野県安曇野市豊科5126-1
施設形態
  • 高齢者施設
  • 障害者施設
  • 児童福祉施設
  • その他
募集職種
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 介護職・ヘルパー
  • 生活支援員
  • ケアマネージャー
  • その他

先輩情報・座談会

地域福祉を支える8つの施設で幅広く学び
家庭と両立しながら自分の成長が目指せる

平林 佳純さん

障害者支援施設アルプス学園/2019年入社/写真右

田中 容子さん

養護老人ホーム安曇寮/2007年入社/写真中

小野 明洋さん

特別養護老人ホーム常念荘/2002年入社/写真左 

支援に生かせる資格を取り、経験を積みたい

私が当法人を志望した理由は2つあります。1つは生まれ育った地元で地域に役に立ちたいと思ったこと。2つ目は高齢者、障がい者、児童と多分野で事業を展開していることです。地域との連携や多分野の協働が重要視されている現代、法人内の横のつながりを大切にして連携を取ることができれば、幅広い方の支えになれると思ったからです。

私は短大で介護を学び、大学に編入して社会福祉士の資格を取得。いくつかの実習を重ねる中で、支援しているつもりがいつしか支援される方から励まされていることに気づき「福祉=支援される側もする側も笑顔になれること」と思うようになりました。

現在は、グループホームで利用者さんたちのサポートをしています。利用者さんは私たちが当たり前に経験してきた横断歩道を歩く、電車やバスに乗るなどの経験がないことが多いのですが、それらの経験をすることで「うれしかった」という感情だけでなく「怖かった」「驚いた」などの感情が生まれる場合もあるので様々な経験に立ち会うことができ喜びを感じています。また、なかなか心を開いてくれなかった利用者さんが、自然な笑顔を見せてくれた時には、やりがいを実感します。

現在は仕事を覚えている最中で、分らないことは何でも先輩方に聞くようにしています。みなさん丁寧に教えてくださいますし、優しい方ばかりで仕事が楽しいです。それに通院の同行や会議などにも誘っていただき、少しずつ経験を増やす機会を与えてもらっていて、ありがたいです。

今後は精神保健福祉士や介護予防運動指導員などの資格取得も目指し、高齢化する利用者さんの支援に生かせるよう経験を積みたいと思っています。多分野の施設を展開する当法人だからこそ、多くの資格を取得しさまざまな施設で生かしたいと思っています。

結婚や出産を経ても長く働きたいので、
育児休暇のバックアップ体制も重要でした

子どもがいるから頑張れるし、頑張りたい

産休と1年間の育児休暇を取得し、現在1歳4カ月の子どもを育てながら仕事をしています。実家の両親のサポートもありますが、職場の理解と協力のありがたさは、子どもを持って改めて実感しています。

私は出産後も仕事を続けていきたいと思っていましたので、妊娠が分かった時、現在働く養護老人ホーム安曇寮の寮長に相談しました。職場のスタッフのみなさんがすぐに協力してくださり、移乗介助や夜勤など身体に負担のかかる仕事を免除するなど、配慮してくださいました。また、職場には育休の取得者や、子育て経験のある先輩ママさんもおり、子育てのことや身体のことなど相談に乗ってもらえて心強かったです。

私がこの仕事を目指したきっかけは、保育士の資格取得のために入学した短大時代にあります。実習で訪問した知的障がい者施設で着替えを手伝った時に「ありがとう」と言われたことが嬉しく、短大2年間で保育士資格を取得後、1年間の専攻科で介護福祉士の資格を取得して卒業しました。

当協会の良さは、1つの施設だけでなく障がい者支援や高齢者の介護など8つの施設があることで、さまざまな経験を通して視野が広がること。私は児童発達支援事業所やまびこ学園に以前勤務したことで視野を広げられたと思います。今後は児童発達支援管理責任者やサービス管理責任者などの資格取得を目指したいと思っています。

仕事のやりがいは、利用者さんの笑顔。いつもは笑わない利用者さんの笑顔を見た時などは「こんな表情で笑うんだ」と感動し、うれしくなります。
また子どもが生まれたことで、家事のペース配分や仕事の段取りなどにも気を配るようになりました。そして何より、子どもの笑顔は仕事のモチベーション。昼休みには授乳のために自宅に帰るのですが、子どもの顔を見て「また午後も頑張ろう」と思います。これからも仕事と子育ての両立を目指して頑張りたいです。

子どもの笑顔はモチベーション
利用者さんの笑顔はやりがいですね

人の話を聞き、心まで読めるスキルを身につけたい

私が入職を決めた理由のひとつは、働きながら資格が取得できることでした。入職前は福祉に関する知識はほとんどなかったのですが、働きながら勉強して資格が取れることに大きな魅力を感じたのです。小さなサポートでも利用者さんから「ありがとう」と言われる仕事だからこそ、専門的なスキルを身につける必要性を実感しました。

最初に取得したのは介護職員初任者研修(当時はヘルパー2級)。それから介護福祉士、介護支援専門員、実習指導者。当直などもありますから防火管理者や危険物取扱者など、必要に応じて取得しました。

現在は相談員として、入所に関する説明や契約、ケアプランの作成などを担当しており、利用者さんだけでなくご家族と関わることも多くなりました。
心がけていることは、人の話をよく聞くこと。利用者さんの中には、本心を言葉で表現せず我慢する方もいるので、表情や仕草を見ながら本音を知るスキルを身に着けたいと思っています。働く仲間に対しても同じように思います。
悩みや愚痴をこぼせる雰囲気や、聞きやすい環境をつくっていますので、みんなで一歩ずつ、ずっと成長できると思います。

私が先輩方によく言われたことは、仕事を引きずらないこと。たまには辛いこともありますが、休日はプライベートの時間を楽しんで心に余裕をつくることも大事です。私は子どもと過ごす時間がリフレッシュ。休暇もきちんと取れるのでメリハリもあり働きやすい環境です。

異動になった時、泣かれた利用者さんも
嬉しくて、もらい泣きしそうになりました

Message

働きながら資格を取得し、ステップアップできる環境。仕事を通し利用者さんから教わることも多く、日々成長することができます。
仕事だけではなく、休日がしっかり取れるので、プライベートとのメリハリがあるのも魅力です。
私たちはみなさんが楽しく働ける環境づくりに努め、仕事の楽しさを利用者さんへフィードバックする法人でありたいと思います。
(本部事務局 内山健、山越航)

社会福祉法人 安曇野福祉協会

所在地
長野県安曇野市豊科5126-1
施設形態
  • 高齢者施設
  • 障害者施設
  • 児童福祉施設
  • その他
募集職種
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 介護職・ヘルパー
  • 生活支援員
  • ケアマネージャー
  • その他