学生のための就職情報サイト

  • 会員登録

経営者インタビュー

人生100年時代の「幸せ」を提供するイノベーションを起こす多様なキャリア形成ができる会社

積水ハウス(株)

代表取締役社長 仲井 嘉浩さん

積水ハウスが、今目指しているのは「『わが家』を世界一幸せな場所にする」ことです。現在、人生100年時代の幸せをアシストする家「プラットフォームハウス」の開発に取り組んでいます。これは、IoTで住まい手のライフスタイルデータや住環境データを取得・活用することで、住まい手が100年間活躍しつづけるための「健康」、働き方や楽しみ方などを変える人との「つながり」、次の可能性を見つけるための「学び」、これら3つのサービスをインストールできる家です。まず、家での脳卒中などの急性疾患を早期発見して救急に出動要請するシステムを構築し、今年中にお客さま宅への実装を開始するなど、人生100年時代の新たな「住まい方」づくりで、住まい手の幸せを追求します。
当社は戸建住宅建築の請負が中心でしたが、お引き渡し後のサービス提供にもビジネスモデルを拡張しようとしており、これらに携わる、ITやセンシングやデータ分析など多様なスキルを持つ人材も必要としています。
また、お客さまの幸せの前提として、社員も幸せでなければなりません。私は社長として、積水ハウスグループを「世界一幸せな会社」にしたいと考えており、社員が職場で生き生きと楽しく働き、家族との幸せな時間を過ごすための「働き方改革」を実行しています。2018年9月から「イクメン休業」制度を運用し、1年で対象となる男性社員の1カ月以上の育児休業完全取得を達成。これからも、多様な人材が活躍できる職場づくりに取り組んでいきます。
住宅の仕事は人間が生きていく上で必要な「衣」「食」「住」のうち、「住」に携われる仕事です。そして、住まいの提案を通じて、お客さまに「幸せ」を提供するという社会的意義のある、価値を創造していく素晴らしい仕事です。
当社の事業は「プラットフォームハウス」や、地域の魅力を渡り歩く旅のためのホテルを整備する地方創生事業「Trip Base道の駅プロジェクト」など、「住」を中心に広がっています。
ぜひ、多様な活躍な場と経験ができる積水ハウスグループで、自身の成長やキャリアアップを実現してください。
今、社内で「イノベーション&コミュニケーション」を合言葉に、コミュニケーションを活性化することによりイノベーションを起こそうとしています。皆さんの新しいアイデアやチャレンジを歓迎しますし、失敗しても意義ある体験として自身を成長させてほしいと考えています。
積水ハウスグループの企業理念の根本哲学「人間愛」に共感する方。お客さまの幸せづくりのパートナーとなり、社会や環境の変化に対応しながら自ら考えて行動し、社会に新たな価値を創造したいという志を持つ仲間をお迎えできることを楽しみにしています。

積極採用企業 幅広く企業を研究しよう! その他の企業はこちら

ページTOPへ