(株)エフケイ【エース薬局/ドラッグエース】
【本社】
  • 埼玉県富士見市羽沢3-27-2
【業種】
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア(OTC)
  • ドラッグストア(OTC+調剤)

PROFESSIONAL WORK

目指すのは「地域から必要とされる薬剤師」
あなたにしかできない仕事をしてほしい

大熊桂人さん

第一薬科大学薬学部薬学科出身

自分を高め、成長させられるキャリアステップが魅力

薬剤師が自信を持って働ける環境を整える

私がエフケイに入社したのは、「この会社なら、薬剤師という資格を活かして経営に関わる働き方ができる」と考えたから。もちろん、はじめは薬剤師として薬局勤務に就きますが、その後のキャリアの幅が広いことがこの会社の魅力です。モデルプランとしては、3〜5年間、調剤の経験を積んで管理者となり、その後2〜3年でマネージャーになることが一般的です。もちろん本人次第でもっと速いステップアップも可能です。
私は現在、マネージャーとして店舗の営業状況の確認、医療機関との連携、仕入れ業者との交渉などを行っています。一方で、人が足りない時には調剤室に入ることもあり、一人の薬剤師としての時間も大切にしています。薬剤師の仕事から完全に離れてしまうことがない点も満足しています。私が最も力を入れているのは、「薬剤師が自信を持って働ける環境づくり」です。現場の声をもとに、地域から求められる薬局のあり方を模索しています。

薬剤師が自信を持って働ける環境を整える

本部でのミーティングの一コマ。積極的に
意見交換をして、営業戦略を打ち出していく

薬局を取り巻く社会環境は近年大きく変わっており、厳しい状況を生き抜くには、薬局も変わっていかなければいけません。一般的に、「薬局」というと、多くの方が「処方箋を持っていくところ」とイメージしているのではないかと思います。「薬剤師」というと、多くの方が薬を出してくれる人だと思っていますし、これから薬剤師として社会に出るみなさんも、薬剤師は薬局で決められた仕事をするというイメージが強いかもしれません。
これまでの薬剤師は、あまりにもこうした対物業務が多かったのですが、その点はこれからエフケイが積極的に変えていこうとしていることです。棚から薬を取り出して患者さんに手渡すだけなら、機械にでもできます。薬剤師が対物業務で消耗することのないよう、オートメーション化できる業務は積極的にオートメーション化して、患者さんの対応に集中できる環境を整えています。いくつかの店舗では、全自動分包機を導入して単純作業を減らしたほか、監査システムも導入し、より正確でより負担のない働き方ができるようになりました。今後も最新機器を導入して、薬剤師が「あなたにしかできない仕事」に集中できる環境を整えていくつもりです。

「患者さまに歩み寄る薬剤師」を目指してほしい

施設へ薬をお届けに行く際、助けてくれる
心強いパートナー、聴導犬のアミノスケ君。

これからますます高齢化が進む中で、薬局に来れない方もたくさんいらっしゃいます。そして、その「ご自分で薬局に来れない方」こそが、一番薬を必要としている方なのです。在宅医療、地域の医療機関や高齢者施設の現場では、薬剤師だからこそできる社会貢献の形があります。薬剤師がそうしたことに積極的に取り組めるよう、エフケイは新しい薬局の形を求めて、進化を続けていきます。
これから入社される方は、ぜひみなさんのチャレンジ精神をぶつけてほしいですし、「こんな薬局があったら」というアイデアを持った方も大歓迎です。たとえば、「漢方のカフェがある薬局があったら」「薬も食品も、気軽に相談できる場を作りたい」など、理想の薬局像を聞かせてほしいですね。枠にこだわらない考えが、新しい薬局を作ると考えています。私自身も薬剤師という資格を軸に、自分の思いを形にしていく仕事にやりがいを感じています。一緒にがんばりましょう。

MESSAGE

これから薬剤師になるみなさんには、「自分にしかできない仕事」「自分がやりたい仕事」にチャレンジして、やりがいを感じてほしいと願っています。今後需要が高まる在宅医療にも積極的にチャレンジして、地域社会に貢献する薬剤師を目指してください。会社として、これからも薬剤師が本来の仕事に集中できる環境の整備に力を入れていきます。