(株)バイタルネット
【本社】
  • 宮城県仙台市青葉区大手町1-1
【業種】
  • 医薬品卸

PROFESSIONAL WORK

薬事管理や社員研修など、医薬品卸の
管理薬剤師は幅広い業務を担います。

浦辺賢太郎さん

2014年入社、東北薬科大学(現東北医科薬科大学)薬学部薬学科卒業。大学の実習時に医薬品卸業界で働く薬剤師の存在を知り、バイタルネットに入社。現在、薬事管理部に所属、管理薬剤師として活躍中。

調剤をしない薬剤師。幅広い業務で自分の力を発揮

大学での実習の時に、医薬品卸の会社見学に
ついてもぜひチェックしてください!

薬剤師は、一般には病院や薬局で医薬品を調剤し、患者さんへの指導を行ったり、健康相談に乗ったりというイメージがあると思います。私自身も大学時代は、将来は薬局で仕事をするのだろうなと思っていました。でも、大学5年生の調剤薬局での実務実習で、その薬局と取引のある医薬品卸を見学する機会があり、そこで初めて「医薬品卸にも薬剤師が必要」だと知りました。法律で事業所ごとに1名の管理薬剤師の配置が義務付けられているのですが、薬学生も調剤薬局の人たちもそれを知っている人は少なくて、新鮮な情報でした。医薬品卸の薬剤師は、医薬品の品質を保持し、適正な販売を支えるために幅広い業務を担うため、専門分野の勉強も必要です。仕事の中身を知るうちに、自分には調剤をして患者さんと向き合う現場より、学術に力を入れたり調査をしたりなど、幅広い分野で自分の力が発揮できる医薬品卸の薬剤師が向いていると思い、志望するようになりました。

支店の管理薬剤師も経験し、薬事管理部へ

大学で学んだ薬理学などは、専門書の読み込
みや資料作成の時に大いに役立っています。

薬事管理部の管理薬剤師の業務は、薬事管理、社員への研修、そしてPMS(Post Marketing Surveillance)と呼ばれる医薬情報業務の3つが主なものです。薬事管理は法令に基づいた医薬の安全性、有効性、品質などの管理であり、麻薬の適正な管理も業務の一環です。PMSは市販直後に調査を行い、新薬が使われた状況の中で、薬の効果や副作用についても調査を行います。入社した直後の私の仕事は、資料作り。新薬は基本的に年4回出されるので、その効果効能、薬の特徴など、新薬の情報をエクセルにまとめ、各支店に流します。薬事法も勉強しながらマニュアルに習い、先輩の指導も受けながら半年ほど資料作成業務を行いました。その後は宇都宮支店、大船渡支店に赴任し、支店の薬剤師として実際にMSの仕事を見ることができたのは良かったと思います。現在はまた薬事管理部に戻って仕事をしていますが、今頑張っているのが社員に研修を行う立場としての勉強です。

社員研修する立場として、早く一人前になりたい

大学では早くから就職を意識。自己分析に力
を入れ多くの説明会に行くようにしました。

新製品情報や取り扱い方法などについて資料を作成し、MSや物流担当者などに研修を行うのも、管理薬剤師の大事な仕事。まさか大勢の人の前で話をすることになるとは思いませんでしたが、講義のために自分でスライドを作り、しっかり説明ができるように現在は話し方、伝え方を練習しています。薬事管理の人間がこうした情報を伝えないことにはMSは仕事ができません。医薬品や薬事情報などの専門知識を常にアップデートし、MSにアウトプットできるようにすることが求められており、研修する側の立場として、早く一人前になることが当面の目標です。医薬品卸は製薬会社と病院や薬局の、言わば中継ぎ役。その中で薬剤師として仕事をすることは大きなやりがいを感じることであり、使命感も覚えます。薬事管理の業務は幅広いので、薬剤師としてどんなステージで働くか、その選択肢が広がると思います。

MESSAGE

医薬品卸の薬剤師の仕事は表に出るものではないですが、MSを通して医薬品が適正に販売されるために重要な役割を担っています。薬剤師志望ではあるけれど、中には調剤が苦手だと感じていたり、学術分野で力を発揮したいという人もいるでしょう。そんな人には、医薬品卸の薬剤師として働くという道があります。薬を通して、社会への貢献度も高い仕事です。知的好奇心旺盛で、やる気のある皆さんを待っています!