(株)マエノ薬局
【本社】
  • 東京都北区赤羽西1-2-10
【業種】
  • 調剤薬局
  • 漢方薬局

PROFESSIONAL WORK

患者様へ適切なアドバイスができることが
在宅訪問薬剤師としての大きなやりがい

福田 浩之さん

薬剤師・門前仲町店店長。2011年入社。飲食業から漢方専門薬局を経てマエノ薬局へ。「飲食店で料理を作り、お客様と近い距離で会話を重ねてきたことは大きな財産。現在の業務にもこうした経験が役立っています」

お客様と会話ができる仕事がしたくてマエノ薬局へ。

チームだからこそ、さまざまな業務が
できることを実感しています。

薬学部を卒業しましたが、飲食店のバイトをきっかけに料理の道へ。お客様に料理を喜ばれ、会話を楽しめる仕事が大好きでしたが、やはり薬剤師を志して漢方相談専門の薬局へ転職しました。料理と同じように、お客様と会話ができる仕事がしたくて漢方を選びましたが、時代のニーズもあり、次第に調剤の相談も受けるようになりました。そんな時に出会ったのがマエノ薬局です。漢方も調剤も扱うマエノ薬局では、自分の長所を存分に活かすことができました。

患者様は、ドクターには質問がしにくくても、薬剤師には気軽に話をしてくれます。私も会話が好きですし、常に話しやすい存在でありたいと思っているので、今はのびのびと仕事をしています。在宅の患者様も20名程担当しています。ご自宅で対面すると、患者様との距離はさらに近くなります。さまざまな状態の方がいるので高い対応力が必要ですが、生の本音を聞ける在宅訪問が、私は好きですね。

誰もが「この店で良かった」と思える場に。

店長として店舗の運営を任されるかたわら、
約20名の在宅患者さんを訪問する毎日。

店頭での接客だけでは家の中の環境は見えませんから、話の中からいろいろなことを察する力が必要になります。しかしご自宅を訪問すると、暮らし方や食生活の内容などが分かるので、より一人ひとりの生活に寄り添ったアドバイスができます。新人にとってはハードルの高い業務かもしれませんが、ベテランの先輩たちが同行して充分に教えています。

私が目指すのは、患者様も従業員も、マエノ薬局に関わった全員が「この店で良かった」と思える場を作ることです。いつでも地域の皆様の役に立つ存在であることが私たちの理念です。漢方と調剤、双方の知識を深め、地域の方々一人ひとりの健康をサポートしていくことが、私たちの役割です。だからこそ、街を歩いている時にお馴染みのお客様から声をかけられると嬉しいですよ。この好循環の連鎖がもっと広がったら良いと思っています。

互いを尊重し、思いやりを持って接する仲間たち。

漢方と調剤の知識を活かして疾患だけでなく
健康面の相談にも乗れる事が強み。

当社の理念には、公平、謙虚、積極的であることの3つが掲げられています。この3点の資質があれば、どんなことにもチャレンジしていかれるし、興味を持った部分をどんどん伸ばすことができるでしょう。私たちは、新人一人ひとりの光る部分を見つけ出し、伸ばしてあげたいと思っています。私自身は、新人の頃は「自分で何でもできる!」と思っていました。しかし今では、「チームの協力があるからこそ、どんなこともできるのだ」ということを実感しています。互いを尊重し、長所短所を認め合い、思いやりを持って接する仲間たちだからこそ、協力して仕事を進めることができるのです。

私たちのそんな雰囲気は患者様にも伝わっていて、スタッフが忙しそうな様子だと「急がなくて良いのよ」とゆったりと待っていてくれるのです。「この店で良かった」と思えるこんな社風を、後輩にも継承していって欲しいです。

MESSAGE

新人を育てる時には、その人の得意と不得意を見極めて良い部分を伸ばしてあげたいと思っています。どんな人にも光る部分があるので、そんな部分はより伸ばし、苦手な部分は一緒に学びながら成長していきたいですね。当社には転職者が多く、経験豊富なベテラン揃いです。そんな先輩たちの役割は、後輩たちを引っ張って育てていくこと。