(株)ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本【ウォンツ・ウェルネス・ツルハドラッグ】
【本社】
  • 〒733-0841 広島県広島市西区井口明神1-1-10
【業種】
  • ドラッグストア(OTC+調剤)

PROFESSIONAL WORK

地域医療の最前線である「在宅医療支援」
より身近な存在として患者様を支える

関戸 隆太さん

2008年入社。徳島文理大学薬学部薬学科卒。調剤、OTC、在宅訪問などさまざまな分野で経験を積みたいと考え、入社。趣味は学生時代から続けているフットサル。休日には仲間達と汗を流す。

患者様の状況を見極め、高度な薬品知識でサポート

輸液などを扱う調剤業務にはクリーンベンチ
を使用。慎重かつ迅速な作業が求められる。

薬剤師が直接患者様のご自宅を訪問し、お薬をお届けする「在宅医療支援」。当社では、この事業に力を入れて取り組んでいます。
当社では医師から受ける「指示書」に応じて必要な薬品を調剤し、薬を届けた際、お一人おひとりに合わせた服薬指導を行っています。また、在宅に特化した薬局には無菌調剤室が完備されており、輸液や注射製剤の調剤も可能です。在宅の患者様は免疫力が低下している方も多く、微量の雑菌やウィルスが持ち込まれるだけで生死に関わります。調剤に間違いは許されませんから常に緊張感を持って作業に臨むようにしています。
薬が錠剤で服用できない場合は粉砕、液剤へ混合などの工夫もしますが、薬の中には粉砕すると効能が変化するものや、使う直前に訪問先で調剤せねばならないものもあります。患者様の症状や状態を見極めて調剤を行う場面も多く、薬のプロフェッショナルとしての責任感とやりがいを実感します。

チーム医療の一員として、患者様のケアに携わる

カンファレンスでは各分野のプロフェッショ
ナルと事例を共有し、今後に活かしていく。

在宅訪問を行う上では、他の医療関係者との連携を密に図ることが重要です。医師、看護師、管理栄養士、ケアマネージャーなど、多くの専門家と情報共有し、それぞれの専門知識を活かして患者様のケアに当たります。私も病院でのカンファレンスへは定期的に参加し、薬剤師としての視点から患者様のケアに関する情報共有を行っています。各分野からの情報をもとにより高度な服薬指導を行い、チームの一員として地域医療に貢献している手ごたえを感じますね。
また当社では、医師、管理栄養士、看護師で構成された栄養サポートチームや、医師、理学療法士、薬剤師で構成された緩和ケアチームなど、患者様をケアするための他職種連携のチームに参加する機会もあります。薬剤師としての視点だけでなく各分野の専門家の視点や知識を学ぶチャンスが増えています。より多くの専門知識に触れられる環境は魅力的ですし、患者様への服薬指導の幅が広がることも実感できます。

多様な経験から専門性を深め、日々の仕事に生かす

薬の知識だけでなく、患者様と信頼関係を築
くことが満足できる医療につながる。

在宅医療に携わる中で、薬剤師としてのやりがいを感じる場面は本当に沢山あります。例えば、在宅での治療を希望されているが、ご家族だけのケアでは困難な患者様も中にはいらっしゃいます。そんな時は、医師や看護師など他の医療関係者と連携し、患者様の今いる環境に合わせて在宅治療が続けられる手法を考え、フォローします。「自宅での介護ができ、本当に感謝しています」とご家族から言っていただけたときは、患者様とご家族が本当に納得できる医療の形とは何かを見つめ直すことができました。
今後は経験を活かしよりスキルアップしていきたいと考えています。多くの経験を通じて専門性を深め、そこで得たものを日々の仕事に生かせるのが当社の魅力。患者様のニーズが高い在宅医療分野で、今後も信頼を築いていきたいと想いを新たにしています。その活動が拠点の増設やエリアの拡大につながることで、より地域医療に貢献できれば嬉しいですね。

MESSAGE

患者様のニーズは多様化しており、その一つひとつにしっかり応えていくためには、薬剤師の対応力も柔軟でなければなりません。つまり、たくさんの選択肢から薬局とのかかわり方を選んでいただく。これをかなえてこその地域貢献だと考えています。在宅訪問のニーズもますます高まっていくことでしょう。当社なら、キャリアを積みながらやりたいことに出会えるチャンスが沢山あります。