学生のための就職情報サイト

  • 企業検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

サービス・インフラ

レストラン・給食・フードサービスの業界地図

店舗を構えて食事を提供する外食、惣菜や弁当を販売する中食、あるいは給食など、多様な業態がそれぞれに好不調の要素を抱えている。

ファストフード

(株)ゼンショーホールディングス

牛丼チェーン「すき家」を展開。M&Aで事業拡大

日本マクドナルドホールディングス

ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を全国展開

𠮷野家ホールディングス

牛丼チェーン「𠮷野家」や、外食・中食事業を展開

(株)トリドールホールディングス

うどんチェーン「丸亀製麺」がメイン。海外展開も

松屋フーズホールディングス

牛丼チェーン「松屋」や、とんかつ、ステーキも展開

レストラン

コロワイド

M&Aでレストラン・回転ずしなどに事業を拡大

スシローグローバル ホールディングス

回転ずし「あきんどスシロー」を展開。新業態に注力

サイゼリヤ

イタリアンレストラン「サイゼリヤ」を展開

弁当・惣菜

わらべや日洋

セブン-イレブンへおにぎり、チルド弁当などを納入

(株)プレナス

「ほっともっと」「やよい軒」の運営会社

ロック・フィールド

「RF1」「グリーン・グルメ」 などの惣菜店を展開

シノブフーズ

コンビニ向けおにぎり、弁当など製造

給食サービス

日清医療食品(株)

病院、医療施設などの食事サービスを受託

エームサービス(株)

社食、学食、保育園などの食事サービスを手掛ける

(株)グリーンハウス

社食、学食、機内食製造販売などを手掛ける

富士産業(株)

医療・介護福祉分野への食事サービスが主力

レストラン・給食・フードサービス業界の企業情報

レストラン・給食・フードサービス業界の「現在」と「未来」

25兆円超えの外食。ファストフードなど好調続く

日本フードサービス協会の推計によると、2018年の外食産業市場規模は、前年比
0.3%増の25兆7,692億円と増加。ファストフードや回転ずし、そば・うどん店などは好調が続く。各事業者は材料費を安く抑え、いかに安価で提供できるかに懸命だ。商品の売上が従業員数に左右されるため、人材の確保が大きな課題となっている。

外国人人材や中高年の雇用で難局打開の動きも

弁当や惣菜などの、いわゆる「中食」市場は安定成長が続く。日本フードサービス協会
によると、18年は前年比2.1%増の7兆8,647億円。しかし、こちらも商品を調理する工場などで人手不足が指摘されている。また、店舗運営や商品製造などの効率化のためIT化も求められており、これに対応できる人材も求められている。

データで見る業界のポイント

外食大手5社連結売上推移

外食大手5社連結売上推移
有価証券報告書より作成 2019年

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2022の業種分類に沿っています。売上高については、2019年1月期から12月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。
  • 出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。
  • 原稿作成期間は2020年1月24日から3月9日です。

業界地図

ページTOPへ