• LINEで送る

男性保育士さんに聞いてみました!

男女参画社会の形成により女性が中心であった職業にも男性が就くようになりました。その1つとして、男性の保育士も年々増加傾向にあります。とはいっても、まだまだ女性の割合の方が多い職種です。
そのような職場環境で働く現役の男性保育士さんに男性ならではのやりがいや大変なことなどいろいろ聞いてみました。(調査委託先:株式会社マクロミル)

男性保育士ならではのやりがいを教えてください

ママに人気がある。(32歳 北海道)

力強さやたくましさを教える(28歳 静岡)

力仕事や、体力のいるイベントなどで頼りにされること(39歳 埼玉)

体育指導や、母子家庭のこどもたちの父親代わりの関わり
(34歳 大阪)

シングルマザーの保護者さんが増える中、他の保育士とはちがい、子供たちにとって父親としての役割を担えたり、男性に対しての方が話しやすい保護者さんの心配事や悩み事を相談されたりと、頼りにされること運動面で教えられることが多いことや、子どもたちとダイナミックな遊びをしたり、行事ごとの準備では力仕事が多いため、積極的に準備に参加できること
(25歳 熊本)

コメント

シングルマザーのお母さんの悩みにこたえられる点、力強さや男性としてのたくましさを教えられることは、まさに男性保育士さんの強みです。女性にないやりがいを感じている保育士さんも多いようです。

男性保育士ならではの
大変なことがあれば教えてください

未満児のオムツ替えや女児の抱っこなど、気を遣うことがある
周りに女性が多いため、自分自身の悩みや相談を話す場が少ないこと
製作等が苦手なため、うまくいかないことが多い。
(25歳 熊本)

女性の職場なので色々と気を遣う(25歳 熊本)

女性が中心の職場なので、良好な関係を維持するのに苦労する。若い時は自分の立ち位置で苦労し、管理する立場になると男性としてまとめ上げる役割も担う必要性が出てくる。
仕事環境も女性が中心の構造なので、そこにどう適応できるかが大切である。
(40歳 埼玉)

コメント

男性保育士が増えているとはいっても、まだまだ女性が多い職場なので異性として気を遣う部分もあるみたいです。しかし、男性保育士も働きやすい環境にしている施設も増えています。事前にしっかり職場環境をチェックしておくとよいですね。

男性保育士はどうなっていくべきだと感じますか?

社会的にもっと認められるべき(39歳 埼玉)

男性保育士は珍しいという考えではなく、保育園、幼稚園には男性保育士が必要だという考えになっていくべきだと思う。
また、そのために男性保育士が責任感ある行動をし、子どもたちのことを考えて仕事をしていくべきだと思う。
(25歳 熊本)

男性だからとかはないが、保育士という仕事が世の中に必要なんだと分かってほしい。
(31歳 埼玉)

社会的にもっと求められて働きやすい職場になっていくべき
(25歳 滋賀)

男性保育士としての地位を世間に確立するには、プロフェッショナルさが求められます。主観的に児童と接するのみでなく、科学的な援助技術を持つことや他者に伝える話術も求められます。又、社会の動向へも関心を持ち、世の中の仕組みに関係する人脈作りも大切かと考えます。
(40歳 埼玉)

数が増えることが大切。社会的意義が認められるためにも。待遇等はそれからしか訴えることが出来ないかと思います。
(39歳 千葉)

コメント

男性保育士はもっと増えていってほしい、増えていくべきという意見が多くあがりました。
女性の社会進出による保育士不足の背景もありますが、男性保育士が増えていくことで、女性を中心とした待遇改善ではなく“保育士”としての待遇改善を優先する方向へ動いていくのではないか、という期待も込められているようです。

保育士を目指す男子学生に一言お願いします。

金銭面や職場環境、ピアノ等には不安もあると思いますが、子どもの成長に関われるやりがいのある仕事です。
ただその分子どもの成長期に関わる責任感ある仕事でもあります。
運動面、力仕事、機械関係、いろいろなことを知っておいた方が役に立つと思います!
女性が多い職場ですが、男性も必要だと思いますので、ぜひ頑張ってください
(25歳 熊本)

大変だけれどやりがいもあり、将来性は必ずある!(31歳 埼玉)

男性の保育士は少ないけど、しっかり目標を持って頑張ってほしいです
(25歳 滋賀)

子どもと関わることはとても楽しいです。ですがそれだけではなかなか難しい部分もあります。頑張って下さい。
(31歳 岡山)

辛いこともないではないですが、子供達の成長に関われる大事な仕事です。喜びを感じていただければと思います。
(48歳 東京)

学生の時は難しいことは考えず、思いっきり児童と向き合うことが大切かと思います。保育は女性社会で難しい点もあるかもしれませんが、仕事に就きたい目的を忘れずに実践を重ねれば、そのやりがいや面白さを実感できるはずです。
給与面に関しては、自分の立ち位置(役割)を明確に築ければ、それなりの給与は確保できます。
(40歳 埼玉)

現場では男性保育士が必要だと思います。まだまだ収入面や、相談しにくい環境はあると思いますが、かわいい子どもたちが待っています。頑張ってください。
(38歳 新潟)

コメント

子どもの成長に関われるやりがいや面白さについてはほとんどの保育士さんがあげています。
社会的に男性保育士はまだまだ少ないですが、性別関係なく、なぜ保育士をめざしたのか自分の原点を振り返り考えることが大切ですね。