学生のための就職情報サイト

  • 会員登録

業界・企業研究の一歩を踏み出そう 日本経済新聞 連動特集

2021年卒版
就職企業人気ランキング
ランクイン企業インタビュー

2021年卒就職企業人気ランキングのランクイン企業を直撃! ランクイン企業に選ばれた理由や企業の魅力、求める人物像を聞きました。

ランクイン企業プロフィール

企業名

日本調剤(株) 【薬剤師職】

所在地

東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー37階

業種

調剤薬局

ランキング順位

文系
総合 男子 女子
- - -
理系
総合 男子 女子
43位 - 15位
理系 その他
化学・薬学系
6位
業種別・地域別
業種別
(医療・福祉・調剤薬局)
2位

ランクイン企業インタビュー

医療に貢献する専門性を持って。主体的に行動できる薬剤師へ。

代表取締役社長

三津原 庸介さん

選出理由1「安定している」

薬剤師の専門性を磨く、抜群の環境。

「安定」と聞くと経営的・財務的な指標が思い浮かぶかもしれませんが、私はそれだけではないと思っています。薬剤師として求められる専門性がより高度化するなか、果たして自分は必要とされる薬剤師として生き残っていけるのか。そう考えたとき「安定した企業」という指標のなかには、少なからず「自らの価値を高め、必要とされる薬剤師になれる環境」という軸も意識されていると思います。
そのような危機意識や向上心は、学生の方にも醸成されているでしょう。当社に興味を持ってくれる多くの学生が、当社の専門性の高い現場環境や教育研修制度に強い関心を寄せてくれています。特に当社は大学病院や総合病院の門前薬局が約7割で、薬薬連携も活発です。多くの薬剤師が自らの専門性に日々磨きをかけ活躍しており、外来がん治療認定薬剤師の取得者数は、薬局では最多を誇っています。(※)
(※)「外来がん治療認定薬剤師名簿 2020年4月末現在」より

選出理由2「業界上位である」

医療に真摯に向き合う。創業以来、持ち続けた想い。

日本調剤は有難いことに「業界上位」という評価をいただけている現状ですが、日本の医療を主体的に変革する企業として、薬剤師の新たな価値の創造に挑戦し続けています。病院での勤務を経験できる「社外ジョブチャレンジ制度」や、がんや緩和ケアといった「認定・専門薬剤師取得の強化チーム」。さらに昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で、当社が元より取り組んでいたオンライン服薬指導やお薬手帳アプリの需要も高まっています。ITリテラシーの高さは、当社の強みでもあります。
世の中が目まぐるしく動いていくなか、主体的に考え、行動し、答えを導き出す。その原動力は何よりも創業以来一貫して持ち続けている「医療に真摯に向き合う」という想いであり、それを実現できているのは、他ならぬ当社の「人の力」がなしえてきたものです。日本の医療を今後も成り立たせるためには、間違いなく薬剤師の力が必要となる。その矜持は常に心にあります。

学生へのメッセージ

未来の薬剤師たちへ。「Be Active ! 」

ここまで私は「主体的」という言葉を繰り返してきましたね。まさにこれこそ、薬剤師に求められる力です。薬剤師はその業務の性質上、どうしても受け身になりがちです。しかし、チーム医療の一員として求められることは、処方提案や治療への介入など、主体的に医療に関わっていく姿勢です。とは言っても、学生の方にとってはまだ実感の沸かない話かもしれません。
主体的な行動のきっかけは、小さなことからでも構わないのです。例えば、私は学生さんとお話する時、「毎日、新聞やニュースに目を通すこと」「他学部の学生とも積極的に交流すること」という話をします。この2つに共通することは、違う世界に視野を広げることです。世の中では何が起こっているのかを知ることや、自分と違う立場の人と意見を交わすこと。その行動の積み重ねが近い将来、一人のプロフェッショナルとして患者さまや医師たちと向き合った時、一歩踏み出す力を与えてくれるでしょう。

日本調剤(株) 【薬剤師職】

そのほかのランクイン企業インタビュー