薬学生のための就職情報サイト

マイナビ2022 薬学生ナビ

サンドラッググループ((株)サンドラッグ【薬剤師職】、(株)サンドラッグプラス、(株)星光堂薬局)
【本社】
  • 東京都府中市若松町1-38−1
【業種】
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア(OTC)
  • ドラッグストア(OTC+調剤)

LIFE STYLE

薬剤師とリクルーターをこなし
オフもアクティブに満喫!

河合美樹さん

2019年入社。薬剤師、人事部採用リクルーター。薬局実務実習を通じて「処方箋がなくとも患者さんに気軽に相談しに来てもらえるようなところで働きたい」と考えドラッグストアを志望。サンドラッグを選んだのは、調剤もOTCもしっかり勉強できる体制があるところに魅力を感じたから。入社後は3つの店舗で業務を経験。現在は調剤を学びつつ、リクルーターとして関東および九州のエリアを担当している。

入社2年目の河合さんは、リクルーターとしてインターンシップを運営したり、学生のさまざまな相談に対応したりしている。月に3、4回は店舗にも応援として入り、薬局薬剤師としての知識・スキルを培っている。患者からも学生からも「話しやすい」と評判の河合さんに、仕事で大切にしていることや、やりがいに感じていること、プライベートの過ごし方などについて伺った。

やりがいを感じるのは、会話を通じて患者さんの不安を解消し、笑顔で帰っていただけたときです。次も頑張ろうと思えます。リクルーターとしては、学生から「話しやすい」と言ってもらえるとうれしいですね。

傾聴することを大切にしています。患者さんの話を直接聞くことで生活面のアドバイスができますし、愚痴を聞いてあげるだけで楽になる方もいます。学生と接する際は、気軽に話してもらえるよう趣味の話などもします。

リクルーターの仕事はコミュニケーションの勉強にもなるので、そこで培ったものを薬局の仕事でも生かしたいですね。来年からはOTCについて学ぶので、かかりつけとして頼られる存在になるよう頑張ろうと思います。

同期とは普段から連絡を取り合っており、研修終わりに飲みに行ったり休日に遊びに出かけたりしています。写真はみんなで鎌倉に行ったときのもの。お寺で大仏を見たり海に行ったりと、休日を満喫してきました。

食べることが好きで、休みの日は食関連のイベントやおいしそうなお店をチェックして食べ歩きしています。愛知県出身なのですが、東京に来てからはおいしいお店を開拓するのが楽しみの一つになっています。

休みが取りやすいので2カ月に1回くらいは国内旅行をしています。写真は大学時代の友人と箱根の温泉に行ったときのものです。海外も年に1回は行っており、年末年始は4泊5日の日程で台湾に行ってきました。

MESSAGE

サンドラッググループでは社員の働きやすさを実現する様々な制度が整っています。結婚休暇、育児休業延長制度などのライフステージの変化を支える制度や希望休日取得などの休日を充実させるための制度が用意され数多くの社員が活用しています。サンドラッグは厚生労働省より子育てサポート企業として「プラチナくるみん」認定、女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業として「えるぼし」認定最高位の三ツ星認定を受けています。