薬学生のための就職情報サイト

マイナビ2022 薬学生ナビ

(株)富永調剤薬局
【本社】
  • 岡山県岡山市南区築港緑町1-15-26
【業種】
  • 調剤薬局

PROFESSIONAL WORK

岡山市と倉敷市中心に20店のネットワークで
「地域医療」と「日常の笑顔」を支え続ける

先輩プロフィール

栗原直和さん/薬剤師/Bブロック副ブロック長(労災前店勤務)/2016年入社
モットー:「人の“和”を大切に」

山下眞有美さん/薬剤師/沖新町店チーフ/2017年入社
モットー:「利用者さまの安心を第一に」

副ブロック長として、地域の日常に“健やかな笑顔”を

「いい仕事はいい職場環境あってこそ。常に
先を見据えた環境づくりを心がけています」

【栗原】病院やドラッグストアなどいくつか選択肢がある中で私が当社を選んだのは「地域に根差し、利用者さまの日常に即した健康サポートができる」と思ったから。岡山市と倉敷市を中心に20店舗を展開する富永調剤薬局では、保険調剤やOTC販売、服薬指導を中心にさまざまな薬局事業を運営しており、薬剤師が主体となって地域の健康を支えている点に大きな魅力を感じました。入社3年目に管理薬剤師、5年目には副ブロック長を拝命し、現在は担当5店舗の人員配置や人材教育、周辺の病院・クリニック・施設担当者への対応などのマネージング業務も行っています。薬剤師としての自分の業務を全うしながら複数店舗の運営管理を担う苦労はありますが、状況を俯瞰し相手の想いをくみ取りながらより良い対応につなげるという点では、服薬指導も店舗マネージメントも同じ。より良い店づくりはそのまま地域の人たちへの健康サポートに直結するので、やりがいも大きいですね。

チーフへの昇格が薬剤師としてのスキルアップの好機に

「さまざまな診療科の処方箋を扱うので薬や
病態に関する知識も日々深まっていきます」

【山下】利用者さまにとって調剤薬局は、ただ薬をもらうだけでなく、医師には直接相談しにくいこと、治療とは直接関係ない健康不安なども安心して打ち明けられる場所。だからこそ私たち調剤薬局薬剤師は、そんな利用者さまの疑問や不安にしっかりと寄り添う姿勢が求められます。もちろん、中には極めて専門的な知識が必要なこと、慎重な判断が求められるケースもあり、常にその場で即答できるわけではありません。けれどその場合も必ず社内あるいは関係する医師に相談するなどしてから電話などで詳細を説明。利用者さまが納得・安心して服薬治療に臨めるよう最善を尽くすことがとても大切だと考えています。入社3年目にチーフを任された際は自分に全うできるか不安もありましたが、店舗全体を見渡す立場になったことで、利用者さまに対してもより広い視野を持って向き合えるように。いち薬剤師としても一回り大きく成長する機会になったと感じています。

多彩な学びの機会が、着実な成長を後押ししてくれる

豊富な成長環境やキャリアチャンスに加え、
人間関係のよさも当社の自慢のひとつ

【栗原】薬剤師といっても、資格をとれば誰でもプロフェッショナルな仕事ができるというものではありません。だからこそ、独自の「医療薬剤師試験」をはじめ多彩なスキルアップ制度が確立されている当社は、成長意欲の高い薬剤師にとってかなり魅力的な環境と言えるのではないでしょうか。自分の知識・技能レベルを客観的に把握することができますし、何より、常に成長意欲を持ち続けられるので、日々の業務も常に前向きに取り組むことができます。
【山下】毎月第3日曜に開催されるサンデーセミナー(サンゼミ)では、最新の医療情報に触れたり医療から福祉までさまざまな分野の専門家の話を聞いたりする機会があるので、刺激は多いですね。資格取得だけでなく、自己啓発支援が活発なのも魅力のひとつ。個人的にはセルフメディケーションの分野に興味があるので、今後はOTCや栄養管理について勉強してみたいと思っています。

MESSAGE

薬剤師にとって専門知識や経験は重要ですが、当社ではそれ以上に一人ひとりの意思や意欲を尊重。経験が浅くても強い使命感、責任感を持ち前向きに挑戦する人はどんどん役職に登用し、さらなる成長を後押ししたいと考えています。また、業務負担軽減として環境整備にも注力。発売開始と同時に導入した全自動分包機をはじめ最新式の機械やITツールの導入にも積極的に取り組み、その結果患者様に寄り添う時間を増やせています。