薬学生のための就職情報サイト

マイナビ2022 薬学生ナビ

(株)医療システム研究所
【本社】
  • 東京都中央区八丁堀3-4-8 RBM京橋ビル
【業種】
  • CRO/SMO

PROFESSIONAL WORK

CRCの仕事の成果は5年・10年先に表れる。
だからこそ長く働けるSMOに

M.Y.さん

病院、薬局の薬剤師を経てCRCに。医療システム研究所に入社後2回の産休・育休を取得。時短勤務制度を利用し子育てをしながらも多くの治験に携わり、同僚のみならずドクターや患者からも頼られるCRCとして活躍。

薬剤師の資格を大いに活用できる治験コーディネーター

薬剤師としての知見を持つCRCとして、
ドクターや製薬会社から頼られている。

「次々に新しい薬が登場する最前線で働きたい」。かつて病院や調剤薬局のカウンターにいたときに感じていた想いです。それを実現させるために別のSMOで働きましたが、そこは社員が少なく仕事の幅に限界がありました。そこで転職したのですが、当社はCRC(治験コーディネーター)の人員も多く、多岐にわたる治験のさまざまな業務に携われます。実際に今私が関わっている治験は、がん領域、皮膚科領域、脳梗塞、脱毛症、潰瘍性大腸炎など多種多様で、大学病院2つとクリニックを担当しています。

医療資格を持つCRCを希望している病院もあるので、薬剤師の資格が非常に役立っています。ドクターから薬の名前を言われた際にもどんな系統の薬かを素早く理解できるため、信頼関係を築きやすいのです。私がこれだけ多くの治験に関わることが可能な理由は、この薬剤師資格を持っていることにあると考えています。

CRCだからこそ長く安心して働ける環境は大切

オープンな人柄で患者さんからの信頼も厚く
気持ちを引き出すのが得意なMさん。

私は今年の7月に育休から復職しました。社内には子育て中の社員がとても多く、産休育休を遠慮するような風潮はいっさいありません。復職において大変だったのは体力面ですが、時短勤務制度が整っていて同僚からのサポートも厚く、他に障害となるものはありませんでした。早く仕事に戻りたい気持ちが強かったですね。

CRCにとって何よりのやりがいは、自分の関わった薬が発売されること。最近では10年前に治験を行った薬がやっと発売されました。5年・10年をかけて成果が見えてくる仕事ですから、長く働くほど手ごたえを実感できます。当社では安心して長く働ける環境が整っていますし、チーム制でお互いを補いながら前進していけます。私が当社を選んだ理由にはこのような社風もあります。「何かあれば私が責任を取る。だから自由にやりなさい」。これは当社代表の言葉です。トップが社員を守るという心強さも安心につながっていると思います。

CRCは楽しい仕事!そう言い切れる働き方ができる

医療機関や製薬会社の問い合わせも多く、
段取りの能力も問われる仕事だ。

CRCの仕事では、想像もできないさまざまな出会いがあります。例えば、後半部分のみ携わった骨粗しょう症の薬の治験では、薬のネーミングにも関わることができました。このことで自分の仕事により愛着を持てるようになりました。また患者さんとの信頼関係の構築もCRCの大事な仕事です。CRCはまず患者さんに同意説明を行いますが、私は的確に大切なことを伝えることが得意で、お互いに心を開いて話せています。

治験は義務ではなく、患者さんはいつでもやめることができます。しかし、治療薬が限られているなかで、新しい薬の治験に望みを託す患者さんも少なくありません。さまざまな事情を持つ患者さんとの信頼関係を深めて協力をいただきながら、最後には感謝の言葉までいただけるのがCRCのやりがいです。こうやって自分の仕事を振り返ると、やはりCRCは楽しい仕事だと胸を張って言えますね。

MESSAGE

当社はSMO(治験施設支援機関)として、1999年4月に設立。以来、対応可能な疾患領域を徐々に広げ、現在ではがんはもとより、皮膚疾患や自己免疫疾患、呼吸器・消化器疾患、CNSなど、幅広い領域に拡大し、中核SMOとして成長。福利厚生では、産前産後休業や育児休業などの社員に優しい制度を積極的に取り入れています。激動するSMO業界において、革新的な質の高い治験を実現すべく努力を続けます。<取締役>