薬学生のための就職情報サイト

マイナビ2022 薬学生ナビ

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】
【本社】
  • 〒474-0011
    愛知県大府市横根町新江62-1
【業種】
  • ドラッグストア(OTC+調剤)

PROFESSIONAL WORK

大学病院との連携で、高度医療に対応する
ヘルスケアサービスを提供します。

先輩プロフィール

名古屋大学病院店のメンバーたち。松本さん(2004年入社)は薬局長、齋藤さん(2012年入社)はPSV(ファーマシストスーパーバイザー)、濱田さん(2016年入社)は若手薬剤師として、各々の立場での活躍をしている。

特定機能病院と地域の架け橋になる拠点をめざします。

薬薬連携はもちろん、ドクターや
病院の施設管理との連携も強化させます。

2019年11月国立大学病院の敷地内に開局した「スギ薬局名古屋大学病院店」。難病の治療も行う特定機能病院との連携には、大きな意義があります。私たちも新たな知識を得るため、薬剤師が数か月間、名古屋大学病院の薬剤部で抗がん剤の処方監査や服薬指導を経験。また名古屋大学病院が取得した国際医療機能評価「JCI認証」に即した業務を行うための打ち合わせも頻繁に行っています。

設備面でも自動で錠剤を取り揃えるPTP包装機を始めとする最新機器の他、無菌調剤用のクリーンルームも2室完備。1室は抗がん剤調製に向けて用意したものです。また希少な病気への対応として治療に使用される注射薬などを取り揃えるとともに、メーカーを招いての勉強会も実施し、患者様への指導・ケア体制を万全に整えています。中部エリアに多く出店する当社だけに、地域の医療機関や店舗とも情報共有を図ることで、患者様の退院後のケアをしていくことが目標です。

店舗の健全経営を病院や患者様への信頼につなげます。

店舗運営や採用など、調剤以外の
活躍の場が多い点も当社の魅力です。

これまで名古屋市内の20店舗ほどのマネジャーをしており、その経験を敷地内薬局で生かすために配属となりました。処方せん枚数や人件費、在庫等の管理を通じ、目標達成に向けた店舗運営活動をしていくことが私の使命です。「名古屋大学病院店」には薬剤師20名、医療事務30名が勤務しており、一人ひとりが活躍できる薬局を運営するという意味でも、きめ細やかなマネジメントが求められるのです。

病院での実習や勉強会など、刺激に満ちた毎日です。

勉強会ではドクターと一緒になる機会も!
他職種との連携にも力を入れています。

これまでに医療機関誘致店舗での調剤業務や健康相談、在宅医療を経験。新たなスキルを身に付けようと、今回の敷地内薬局での業務を希望しました。病院で受けた研修期間中は名古屋大学病院の掲げる安全リスクへのきめ細かな配慮が学べたり、経験のなかった症例についての知識を得ることができました。また店舗には複数分野の専門的な薬剤師も配属されており、業務を通じて学びつつ、私も取得に励んでいます。

新店舗の立ち上げに関わるのも初めての経験。店舗内のルールも、来店される患者様も1からつくり上げていける点にやりがいを感じています。その中で薬の専門家のニーズを、1人でも多くの患者様に知っていただくことが目標。基本的な薬の指導や副作用のアセスメントはもちろん、加えて高度医療における処方提案などもできるようになるのが理想です。そして将来的には、そのノウハウを出身地である関東の店舗へと伝えていければベストです。

MESSAGE

スギ薬局では、この敷地内薬局を高度管理医療を提供する調剤薬局の旗艦店として機能させ、地域医療を進化する「かかりつけ薬局」を目指します。病院との人材交流を始め、店舗には複数分野の認定・専門薬剤師も配置。薬剤師にとっては高度医療から地域密着の終末期医療まで、さまざまなスキルや経験を得ることができるため、自己申告制度を活用しつつ、めざすキャリア形成を図ることが可能です。