学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

職種研究 徹底ガイド

職種とは企業に入社して実際に担当する仕事を、その性質や内容によって分類したもの。さまざまな分類方法があるが、ここでは「事務・管理系職」や「営業系職」、「技術・研究系職」など、大きく10の職種に分類。さらに、「事務・管理系職」であれば、「総務・人事・労務」や「経理・財務・会計」など、「技術・研究系職」では「基礎研究」や「応用研究・技術開発」などのように、細分化して解説している。

職種研究とは、こうした職種について、一日の仕事の流れなど具体的な業務内容は? 求められるスキルや資格は? 自分の能力や性格との適性は? キャリアパスは? といったことをポイントに、自分の能力を発揮できる職種を探す作業のこと。

なお、職種によって求められる能力が異なるだけでなく、例えば同じ「営業系職」でも、業界によって営業先や営業方法など仕事内容が大きく異なることが多い。そのため、自分のやりたい職種の仕事はどの業界にあるのか、業界ごとの違いはあるのかなど、職種研究と業界研究を並行して進めることも重要だ。

そうして深めた知識は、自己PRや志望動機につながる。仕事の内容をしっかりと理解した上で、なぜその仕事に就きたいのか、その仕事なら自分の能力や長所がどのように生かせるのか、といった志望動機をきちんと説明できれば、自信を持って面接などに臨むことができる。

事務・管理系の職種とは

全ての業種のあらゆる企業に共通しているのが、事務・管理系の職種。総務や人事、経理、財務、法務、受付など、主にオフィス内で、社内の他の全ての部署を縁の下で支える役割を担い、企業活動を円滑に行うための潤滑剤として機能している。

事務・管理系の詳細職種

企画系の職種とは

さまざまな調査データや情報、経験などに基づいて、担当業務の課題解決のため、アイデアや企画を立案し実行する仕事。あらゆる角度からの正確な情報収集といった地道な作業があってこそ、アイデアや企画の根拠となる。集めた情報の分析や細かな調整の積み重ねなしに仕事は成り立たない。

企画系の詳細職種

営業系の職種とは

先方に自社が取り扱う商品やサービス、技術、情報やデータなどの購入を促し、成約に結びつけるのが営業の仕事。業種や企業によって、取り扱う商品やサービスだけでなく営業対象となる顧客層は大きく異なる。また、営業を側面からサポートするのが、営業推進・販売促進。前者は営業ツールの開発やデータの提供を、後者は販売キャンペーンの実施やポスター、POP作成などを行う。

営業系の詳細職種

技術・研究系の職種とは

研究、開発、技術、設計に関わる仕事や、生産・施工の管理に関わる仕事などがある。主に理系学部出身の学生が就職するケースが多い。中でも、研究や開発は、既存製品の改良や新製品を生み出し続けなければならないメーカー業界の企業にとっては、重要な職種だ。

技術・研究系の詳細職種

販売・サービス系の職種とは

販売系の職種では、百貨店や専門店、スーパーやコンビニなどの店舗を訪れた人に接客対応し、商品やサービスを販売。個人や企業からの「○○をして欲しい」「○○をしたい」といった要望に対して、要望を満足させるサービスを提供するのがサービス系の職種で、エステ店や美容院での施術や、運輸業界におけるCAのような客室サービス、ドライバーなどがある。

販売・サービス系の詳細職種

専門系の職種とは

専門的な知識や経験、技術が必要な、特定の分野に特化した専門家として活躍できるのが専門系の職種。自分の経験や学習の積み重ねを評価されて就ける職種がほとんどだが、中には特定の試験の合格や、資格や免許を取得しなければ就けない職種もある。

専門系の詳細職種

金融系の職種とは

為替ディーラー・トレーダー、融資・資産運用マネージャー、証券アナリスト、ファイナンシャルアドバイザー、アクチュアリーといった職種がある。金融に関する深い知識を持つと同時に、常に国内外の政治・経済・社会情勢を見渡さなければ担えない専門職ばかりだ。

金融系の詳細職種

クリエイティブ系の職種とは

文字通り何かをつくり出す(クリエイトする)仕事で、企業や個人から依頼を受けて、頭の中にあるさまざまなイメージを、文字やイラスト、映像、写真、工業製品などとして具体的な形に仕上げる作業を行うのが、クリエイティブ系の職種の特徴。

クリエイティブ系の詳細職種

IT系の職種とは

IT系の職種は、コンピューターやインターネットを使った情報処理の技術全般に関わるため、いまやさまざまな業界の企業に存在する。仕事内容や環境、規模、予算などが異なった、多岐にわたる仕事がある。

IT系の詳細職種

医療・福祉系の職種とは

医療・福祉系の職種では、主に医療機関や福祉施設、介護施設、それぞれの関連施設などに勤務し、乳幼児から高齢者までを対象に患者や障がい者などのケアを行っている。資格や専門知識を持った専任者でないと対応できない専門的な仕事が多い。

医療・福祉系の詳細職種

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

毎週更新!人気急上昇記事ランキング

ページTOPへ