学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

ゲームクリエイターの職種

何をやる仕事?

1つのゲームが完成するまでには、背景画面やキャラクターのデザインを担当する「グラフィックデザイナー」、キャラクターなどを画面上で動かしたり操作できるようにシステムを開発する「プログラマー」、ゲーム内のBGMや主題歌などの作曲を行う「サウンドクリエイター」、ゲーム全体の構成やシナリオを作る「シナリオライター」といったさまざまなスペシャリストのほか、全体を統括する「ディレクター」、「プロデューサー」がかかわっている。
それらの職種を総称して「ゲームクリエイター」と呼ぶ。

かつては、1人で企画立案からプログラミングやグラフィックデザインなど複数の作業を担うケースもあったが、近年はゲームの規模が大きくなり、こうした作業が分業化・専門化している。
そのため、「ディレクター」や「プロデューサー」が企画の立ち上げから完成までに立ち会い、分業で行われている業務を統括。アドバイスを与えたり、最終判断を下したりと、進行管理を任されている。

なお、一般的に「ディレクター」という場合は、現場の総責任者という意味合いが強く、「プロデューサー」という場合は、「ディレクター」の上司の立場で大所高所からアドバイスを与え、制作全般の運営・監理をする人のことをいう。

ゲーム制作で最も難しいの、ゲームバランスの調整。
例えば、さまざまに設定された世界の中で冒険を楽しむ「RPG(ロールプレーイングゲーム)」では防具や武器の強さ、キャラクター同士を戦わせて遊ぶ「格闘ゲーム」では移動の速さやパンチ・キックの威力、ゲーム内に設けられた障害などをクリアーする「アクションゲーム」ではジャンプできる高さや距離などの設定を指す。これらはパラメーターといわれる設定数値によって決められる。
パラメーターを変えることで、ゲームの難しさや面白さが大きく変化するので、「ゲームクリエイター」はゲームをプレーしながら、こうしたパラメーターの微調整を行わなければならない。

忙しい不規則な制作工程の中で、ゲームに対する熱い情熱根気体力が求められている。

どんな能力やスキルが求められるか?

■ゲーム制作の中で何を担当するかによって、求められる知識・スキルは異なってくる。ゲームプログラム、CGデザイン、サウンドなどについては、それぞれ専門学校にコースが設けられている。

■ゲーム制作は多くの人がかかわる共同作業なので、協調性忍耐強さ、さらにチームの中で自分の主張を通す押しの強さも必要だ。ただ「ゲームが好き」というだけでは務まらない。

■ゲームを制作する過程で最初に必要となるのが企画書。どのようなゲームを作るのかを記した企画書を上手に書ける文章力説明力、さらにはプレゼンテーション能力も必要。
また、企画をする上では発想の豊かさや想像力、独創性なども必要となる。

ゲームクリエイターの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ