学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

インダストリアルデザイナーの職種

何をやる仕事?

飛行機、機械、自動車、家電製品、カメラ、事務用品など、いわゆる工業製品のデザインを行うのが「インダストリアルデザイナー(「工業デザイナー」とも呼ばれる)。

多くは工業製品を作り出すメーカーに勤務しているが、個人でデザイン事務所を構え、国内外で活躍する「インダストリアルデザイナー」も多い。常に新しい物を作り上げたいという意欲と物づくりが大好きという気持ちが「インダストリアルデザイナー」には大切だ。

「インダストリアルデザイナー」が手掛けるのは、目の前にある身近で小さなものから大型で特殊なものまでさまざまだが、多くは大量生産可能なものが対象になる。
見た目の美しさや魅力はもちろんだが、機能面や安全面で使いやすく壊れにくいこと、さらにコスト面生産のしやすさも考えてデザインすることが求められる。

いくらデザイン性が優れていても、高価だったり、性能面や安全面で不安を抱えたりしている商品では販売は難しい。そのため、デザインだけでなく、素材の開発や設計、生産システムの在り方についても「インダストリアルデザイナー」がかかわるケースが増えている。

近年は、国籍や人種、年齢や性別などに関係なく、誰にもわかりやすく使える「ユニバーサルデザイン」の意識が高まっており、「インダストリアルデザイナー」が活躍するフィールドも拡大している。

どんな能力やスキルが求められるか?

■「インダストリアルデザイナー」に必須の資格はないが、美術学部・芸術学部・工学部などにあるデザイン工学が学べる学科や、専門学校などで勉強した人が多い。

デザイン力独創性に加えて、工業製品に不可欠な、数学・物理・化学といった理工系知識も求められる。また、使う人のことを考えた機能性安全性への気配りが求められる。

■材料の確保や、生産現場の責任者と製造工程の確認や調整、販売担当者との打ち合わせなど、多くのスタッフと協力しながら仕事を進めることが多いので、協調性社交性コミュニケーション能力は重要。

■消費者の好みや流行などを意識して、常にさまざまな情報を吸収し消化する理解力分析力も大切。

インダストリアルデザイナーの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

毎週更新!人気急上昇記事ランキング

ページTOPへ