学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

ファイナンシャルアドバイザーの職種

何をやる仕事?

個人顧客の資産運用、土地活用、相続問題、さらにそれにかかわる財務一般などの相談を受けて、実践的なアドバイスを行うスペシャリスト。主に銀行や保険会社などの金融機関で活躍する。

資産には預貯金・保険・株式・債券・不動産など、さまざまな種類があるが、大切なのは資産全体のバランスを取りながらそれらをうまく組み合わせて有効に活用することだ。
金融・保険の法令改正による自由化に伴って各金融機関が多彩な商品・サービスを提供するようになっている。顧客としては信頼のおける金融機関に一括して任せることができれば、財務について頭を悩ませる必要がない。

こうしたニーズに応えて脚光を浴びているのが、ファイナンシャルアドバイザーである。

また、独立系の資産コンサルタントとして営業をしているファイナンシャルアドバイザーもいる。 金融商品や法制度に関する豊富な知識に加え、顧客それぞれのライフプランに応じた提案がいかに行えるかがファイナンシャルアドバイザーに求められるスキルである。

どんな能力やスキルが求められるか?

■顧客と長期にわたって信頼関係を築くことが重要となる。息の長い付き合いをするためには、小手先のコミュニケーションではなく、自分の人間性を買ってもらわなければならない。

■金融商品や保険商品に関する知識だけではなく、顧客が安心して人生を送るために必要なあらゆる事への共感が必要。

■ファイナンシャルアドバイザーのキャリアに有利な資格に「AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー®)」がある。「AFP」は日本FP(ファイナンシャルプランナー)協会の認定によるもので、まず同協会認定校の研修を受講し、その研修終了後、試験に合格し、日本FP協会に登録することにより資格が得られる。

■「AFP」より上位の資格として国際資格となる「CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)」がある。これは、「AFP」を取得後、実務経験がないと受験ができない。

ファイナンシャルアドバイザーの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ