学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

医療・福祉系の職種

医療・福祉系の職種とは

医療・福祉系の職種では、主に医療機関や福祉施設、介護施設、それぞれの関連施設などに勤務し、乳幼児から高齢者までを対象に患者や障がい者などのケアを行っている。さまざまな職種があり、雇用形態や待遇、労働環境も多種多様だ。仕事内容によっては、資格や専門知識を持った専任者でないと対応できない専門的な仕事が多いのも特徴だ。

例えば、看護師や歯科衛生士(医師や歯科医師の治療をサポートする)、薬剤師(医師の処方箋に従って調剤する)では、それぞれ専門課程がある学校を卒業し、国家試験に合格しなければならないが、高齢者福祉施設などに勤務する介護職・ヘルパー職は、資格がなくても採用されることがある。ただし、入浴・排泄などのように直接身体に触れる介護職は資格がなければ対応できないなど、仕事内容が制限されており、医療・福祉系の職種に興味がある人は、早期から資格取得を目指しておくことが大切だ。

何をやる仕事?

病院やクリニックなどで医師の指示の下に、医療補助や患者のケアを行うのが看護師。注射や点滴、問診や検診、食事や排泄の補助に加えて、患者の心の支えとなることも多く、幅広い業務をこなしている。また、病院では看護師以外にも、准看護師(看護師の指示の下で診療補助や患者のケアをする)や看護助手(看護師のサポートが中心で注射や点滴などの医療行為はできない)、助産師(出産の介助を行う)、保健師(食事・生活指導を行う)といった職種もある。歯科衛生士は、歯科医師の指示の下、治療の補助や治療の一部を担当する。また、虫歯や歯周病などの予防措置を施したり、口腔ケアの指導を行ったりしている。薬剤師は、処方箋に従って調剤することに加えて、薬の効果、アレルギーや副作用の有無などを考慮の上、服薬指導を行っている。

医療機関では、日常的に特殊な機器を使用して検査や治療を行っており、こうした機器を専門に取扱う職種もある。レントゲン撮影機器やCT、MRIなどの検査機器を操作するのが診療放射線技師、生体検査(受診者を対象とした専用機器を使って行う心電図や脳波検査など)や検体検査(被検者の血液や尿、細胞や組織などを採取して行う検査)を担当するのが臨床検査技師、人工呼吸器や人工心肺装置などの生命維持に関わる特殊な機器を取扱うのが臨床工学技士だ。

医療機関やリハビリ施設、福祉施設などで身体の機能回復を担う職種もあり、理学療法士は日常生活に必要な基本動作の改善を目指した機能回復を、言語聴覚士はしゃべる力や聴く力の改善を図り、作業療法士は手芸や工芸などを通してより複雑な身体の動きができるようリハビリテーションを行っている。

ケアワーカーやケアスタッフ、介護職員とも呼ばれる、介護職・ヘルパーの職種では、高齢者や障がい者のための社会福祉施設、医療施設などで、入浴、排泄、着替え、散歩、買い物の手助け、さらに家族に対する介護方法のアドバイスなどを行っている。

どんな能力やスキルが求められるか?

看護師や歯科衛生士、薬剤師には、それぞれの職種に要求される専門知識が必須で、常に新しい情報を追求する探究心も大切だ。患者と直接接することが多いため、臨機応変な対応力とコミュニケーション能力が求められる。

診療放射線技師や臨床検査技師、臨床工学技士といった検査に関わる専門家は、コンピューターや機器の取り扱いに関する知識だけでなく、検査結果の分析ができる幅広い医学的な知見も求められる。また、スムーズで確実な検査を行うための気配りやコミュニケーション能力も重要になる。

主に身体の機能回復を目指す、理学療法士や言語聴覚士、作業療法士には、相手の気持ちや立場を理解するといった気配りが求められる一方で、時には厳しく指導することも求められる。目に見える変化や機能の回復には時間を要することが通常。じっくりと患者と接する根気強さに加えて、責任感や使命感も必要だ。

介護職・ヘルパーには、他人に対する思いやりの心や、福祉に関する理解や熱意が重要な要素となる。

なお、専門的な知識が求められる医療・福祉系の職種に就くには、それぞれに国家試験の合格や資格を取得することが条件になっている場合が多い。

どんな業界で活躍できるの︖

サービス業界ほか

医療・福祉系の職種があるのは、医療機関や福祉施設などのサービス業界に属する企業がほとんどだが、近年は大手メーカーなど他の業界に属する企業でも、社内でこうした医療や福祉に関するサービスを提供する部署や子会社を立ち上げているケースもある。

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

毎週更新!人気急上昇記事ランキング

ページTOPへ