学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

視能訓練士の職種

何をやる仕事?

「視能訓練士(CO:certified orthoptist)」は、医師の指示の下、視能検査視能訓練を行う。

視能検査とは、視力、視野、眼圧、色覚、光覚など目の機能に関する検査。検査結果は医師に報告され、診断・治療に生かされる。

視能訓練とは、両眼の位置(視線・眼位)にずれが生じる斜視のため、立体的に物が見えない、物が二重に見えるといった症状や、視力が低い弱視の視機能を改善するための訓練のこと。

視能訓練士は、医師と相談の上、訓練プログラムを作成し治療機器や器具を操作して視機能回復に取り組む

また近年は、高齢化による白内障・緑内障の発症や、糖尿病などの生活習慣病による視力低下といった患者が増えている。

こうした患者に対して、視力の維持、回復訓練、症状の進行を抑えるための指導(リハビリテーション指導)を行ったり、早期発見・早期治療の観点から地域や学校、職場などで行う集団検診に参加したりするケースも増えている(検診業務)。

どんな能力やスキルが求められるか?

■「視能訓練士」になるには、「視能訓練士国家試験」に合格する必要がある。

■患者は小さな子どもから高齢者まで幅広く、検査やリハビリにおいて安心感を与え、正確にこちらの意図を伝えられるコミュニケーション力、相手の症状を感じ取る洞察力が重要。

■検査に使われる機器は年々、高度化、複雑化しており、眼科学検査データの分析だけでなく機器の特性や操作方法も習得する必要がある。

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ