学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

作業療法士の職種

何をやる仕事?

「作業療法士(OT:Occupational Therapist)」の仕事は、心や身体に障害がある人に対して、日常生活に必要な能力を高める訓練や指導を行うこと。
食事やトイレといった生活の中で行われる活動である「応用能力」、地域活動や就労・就学の準備のための「社会生活適応能力」の維持や改善を目指す。

主な勤務先は、一般病院やリハビリテーション施設、高齢者施設、心療クリニック、養護学校などで、医師や看護師、理学療法士、介護福祉士などと連携を取りながら、患者それぞれの障害の程度に応じてメニューを作成し、リハビリテーションを行う。

具体的には、患者の趣味や嗜好などを考慮して、手工芸(折り紙・木工・陶芸・編み物など)や芸術(音楽・絵画・塗り絵・書道など)、遊び(囲碁・将棋・トランプ・パズルなど)、スポーツ(ダンスやゲートボールなど)といったさまざまな作業活動を通じて「機能」や「能力」の改善を進めていく

なお、「理学療法士」は、繰り返しの歩行訓練や温熱マッサージといった目に見える物理的な療法によって、歩く・立つ・座るといった基本的な動作機能の回復を目指しているが、「作業療法士」の場合は、患者が興味を持てそうな各種の作業活動を通じて、日常生活をスムーズに送るためのより細かく応用的な心身の回復を目指しており、心理学的要素も取り入れられている。

どんな能力やスキルが求められるか?

■「作業療法士」になるには、厚生労働省が行う「作業療法士国家試験」を受験し、合格する必要がある。

■患者の年齢や障害の程度はさまざまで、相手の状況に応じて個々にリハビリテーションメニューをつくれる洞察力応用力が必要。また、繰り返し説明や作業を行うことも多いので、根気責任感使命感も求められる。

■患者や患者の家族はもちろん、医師や看護師などの医療スタッフとの連携も大切なので、コミュニケーション能力は重要。

■目に見える変化や回復までは時間がかかる。じっくりと長期間患者と接することで、反応や変化を見つけ出し、リハビリテーションのレベルを少しずつ上げていく粘り強さも求められる。

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

毎週更新!人気急上昇記事ランキング

ページTOPへ