学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

IT系の職種

IT系の職種とは

ITとはInformation Technologyの略で、日本語では情報技術と言われ、主にコンピューターやインターネットを使った情報処理に関わる技術全般のことを言う。パソコンやスマートフォンの普及で、インターネット利用は拡大の一途をたどっており、これを支えるIT系の職種も躍進している。IT系の職種と言えば、プログラマーやWEBデザイナーをイメージしがちだが、その職種は分野ごとに細分化されている。そのため、それぞれの職種によって求められる能力や知識、経験が異なるだけでなく、大きなチームで作業するのか個人で作業するのか、どのようなコンピューターやソフトウエアを使用するのかといった仕事環境も大きく異なる。

IT系の職種はさまざまな業界の企業にあり、システムインテグレーターとも呼ばれる情報処理サービス業界の企業や、WEBサイトの構築や運営などを行う企業が代表例だ。他にも、スマートフォンやパソコンなどの情報処理機器やそれらの周辺機器などを取り扱うメーカー(ハードウエア)業界、情報処理機器上で作動するソフトウエア開発や情報通信サービスを提供するソフトウエア・通信業界、ECサイトや個人間で商品の売買を仲介するC to Cサイト(フリマアプリなど)運営企業など、数々の業界で多彩な役割を担っている。

何をやる仕事?

IT系の職種は大きく、上流工程下流工程運用・保守営業に分けることができる。上流工程ではシステムの要件定義や設計を行っている。システムエンジニアなどが担当し、明確な設計図を描き完成までを一貫して管理する。下流工程の作業は、主にプログラマーが担当する。設計図に基づいて、処理手順を示したフローチャートを作成、専用言語を使ってプログラミング。テストとデバックを繰り返し、完成品を作り上げていく。完成したシステムのスムーズな運用のため、システム保守運用担当者が導入時の調整や定期点検を実施している。 また、営業に同行し、技術面に関わる説明や質疑応答をすることで営業をサポートするのがセールスエンジニア。他にも、中小企業から大企業まで幅広く、IT戦略の試案づくりや効果分析、システムの構築や運用のアウトソーシングまで対応するITコンサルタントにシステムコンサルタントといった職種や、顧客がコンピューターシステムを十分に使えるようにサポートするカスタマーエンジニア、製品やサービスに関する顧客からの問い合わせに対応する、カスタマーサポートといった職種もある。 なお、近年注目を浴びている職種が、データサイエンティスト。企業や機関が収集・蓄積した複雑で膨大なビッグデータを整理・分析・解析し、ビジネスに活用できるデータに加工しレポートを作成する仕事を担っている。

どんな能力やスキルが求められるか?

カスタマーサポートやシステム保守運用といった一部の職種では、入社後の研修や指導で知識を得た後に実務に入ることも。ただし、社会人としてのビジネスマナーやコミュニケーション能力が必要なことは言うまでもない。なお、企業にもよるがプログラマーに関しても、入社後の研修や学習だけで、きちんと業務をこなせる場合もある。 一方で、〇〇エンジニアや〇〇コンサルタントと呼ばれる職種の場合は、コンピューターやシステムなどの情報技術について、強い関心と深い理解がなければ務まらない。また、チーム単位で業務を遂行することも多いので、コミュニケーション能力はもちろん、協調性や柔軟性、リーダーシップなども求められる。 IT系の職種に就くにあたって、役立つ資格は多く、ITストラテジスト(情報処理技術者試験)、ITパスポート試験、システムアーキテクト、プロジェクトマネージャ、システム監査技術者などがある。国家資格だけでなくソフトウエアメーカーが実施する認定試験もあり、複数の資格を取得している人もいる。

どんな業界で活躍できるの︖

ソフトウエア・通信業界

IT系の職種が最も多いのが、ソフトウエア・通信業界。その分、選べる企業や職種も多岐にわたっており、自分の適性に合った仕事を選ぶことが大切。

メーカー業界

メーカー(ハードウエア)業界にも、パソコンやスマートフォンなどの情報処理機器や、キーボードやマウスといった周辺機器などの製造に関わるIT系の職種が多い。また、メーカー業界では、ITの活用による人材不足や収益性向上といった課題に対処することも求められている。

流通・小売業界/商社業界

流通・小売業界や、商社業界などでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、近年は非対面型の営業スタイルへのシフトが相次いでいる。B to B・B to C・C to Cのいずれにおいても、ITを駆使したサイトの構築や運営にしのぎを削っている。

金融業界

金融業界の根幹を支える業務の一つとして、売買や決済システムの構築や維持・管理がある。また、フィンテックに代表されるように、業務の効率化や収益性の向上などの課題対応に向けた、ITの活用も求められている。

広告・出版・マスコミ業界

広告・出版・マスコミ業界では、広告出稿が、従来のテレビ、新聞、雑誌、ラジオなどからインターネットへシフトしている。そのため、業界内でIT系職種の重要性はアップしている。

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ