学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

カスタマーエンジニアの職種

何をやる仕事?

カスタマーエンジニアは、顧客がコンピューターシステムを十分に使いこなせるように、さまざまな面でのサポートを行う。例えば、パッケージソフトを導入する場合は、その企業の業務に沿ってカスタマイズを行う

また、システムやハードウエアの操作方法について、顧客企業の社員にレクチャーも行う。主に、ソフトウエアを中心に扱うシステムエンジニア、プログラマーと対比される。

そのほか、定期点検やトラブルへの対応、またバージョンアップや増設といった要望にも応えていく。パソコンやシステムなどに明るくない顧客を相手にするケースも多いので、技術的な知識を誰にでも分かりやすく説明できることが必要となる。

また、顧客からの苦情やトラブルなどは、新たなる商品開発のための貴重なデータであり、これを自社の営業や開発のスタッフに伝え、役立てていくこともカスタマーエンジニアの大きな役目だ。

どんな能力やスキルが求められるか?

■自社製品についての深い理解はもちろん、システム全般についての勉強が必要。

■顧客はいろいろなメーカーの製品を組み合わせて使っていることが多いため、他社のハード、ソフトについての情報にも注意を払う必要がある。

■技術の裏付けとなる資格には「基本情報技術者」、「システム監査技術者」、「システムアーキテクト」といった国家資格(試験実施などの事務作業は独立行政法人情報処理推進機構が行なっている)のほか、ソフトウエアメーカーが行うアプリケーションやOSなどに関する認定試験もある。

■一種の接客業でもあるので、日常的なレベルのコミュニケーション能力も重要。

カスタマーエンジニアの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

毎週更新!人気急上昇記事ランキング

ページTOPへ