学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

事務・管理系の職種

事務・管理系の職種とは

全ての業種のあらゆる企業に共通しているのが、事務・管理系の職種。総務や人事、経理、財務、法務、受付など、典型的な事務・管理系の職種は、主にオフィス内で、社内の他の全ての部署を縁の下で支える役割を担い、企業活動を円滑に行うための潤滑剤として機能している。

一般的に企業の規模が大きくなるほど、業務内容が細分化し、効率化を図るために作業も機械化(デジタル化)される傾向にある。一方、中小企業では、総務担当者が、総務、人事、経理、法務、受付など複数の業務を数人または一人で担う場合もある。

何をやる仕事?

総務・人事・労務や経理・財務・会計といった職種は、事務・管理系の職種で最も典型的な業務。総務は、備品やOA機器の調達・管理、職場環境の整備、社内旅行や全体会議の手配、重要事項の伝達などを、人事は、採用や異動といった人員計画の策定、従業員の教育研修などを、労務は、従業員の勤務状況の管理、福利厚生や社会保険関係の手配などを担当する。

経理・会計は、社内の毎日のお金の動きをチェック・管理し、決算書や申告書などの書類を作成、財務は、経理・会計と協力して予算や決算の業務を遂行。資金調達のため、金融機関との折衝や、株式増資・社債発行の手配など、経営戦略に沿った実務が任せられる。

他にも、契約内容の確認や訴訟、特許申請など法的用件に関わる業務を担う、法務・特許・審査といった専門知識が求められる職種や、電話対応や書類整理といった事務作業を行ったり営業担当者をサポートしたりする、一般事務・営業事務・アシスタントといった職種がある。

また、海外との取引や輸出入業務を行う企業では、通関業務や関税の申告、船便・航空便の手配、国内運送や保管(倉庫)を管理する、貿易事務・海外事務といった職種もある。

どんな能力やスキルが求められるか?

社内・社外を問わず、電話や文書での対応が中心となるので、基本的なビジネスマナーは不可欠だ。また、補佐的な立場で仕事をすることが多いので、協調性や細やかな心遣いも大切。また、パソコンはもちろん、エクセルやワード、パワーポイントといった定番ソフトウエアの操作方法や知識も持っておきたい。
事務・管理系の職種では秘書的な業務を求められる職種もあるので、秘書技能検定や国際秘書検定の資格が評価されることもある。
他にも、総務・人事・労務では社会保険労務士、経理・財務・会計では簿記検定や税理士、法務・特許・審査では司法書士などの資格が役立つ。なお、貿易事務・海外事務ではある程度の英語力は必須。

どんな業界で活躍できるの︖

メーカー業界

総務・人事・労務や経理・財務・会計といった典型業務はもちろん、常に新製品の研究・開発を行うメーカーでは、自社の特許申請や新製品が他社の特許に抵触していないかといった審査は極めて重要。

商社業界

海外との取引が多い商社業界では、貿易事務・海外事務はなくてはならない職種だ。国内外の実情に合わせて数多くの書類作成や申請を行うなど、語学力に加えて緻密で複雑な事務処理能力が求められる。

流通・小売業界

流通・小売業界では多品種の商品を確実に仕入れ、販売することが求められる。こうした業務のコストを意識しつつ効率的に遂行する、物流・在庫管理の仕事は企業活動において重要な位置を占める。

サービス業界

正社員やアルバイト、専門スタッフなどが協力し合って店舗や施設を運営することが多いサービス業界の企業。人の動きが早く、総務・人事・労務担当者にはスムーズで正確な業務遂行が求められる。

ソフトウエア・通信業界

法人・個人の膨大な数の顧客を抱えるソフトウエア・通信業界。通信料の請求や入金チェックなど出入金に関わる作業も膨大だ。経理・財務・会計の担当者には効率的で正確な作業が求められる。

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ