学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

貿易事務・海外事務の職種

何をやる仕事?

貿易事務・海外事務は、営業部門と連携しながら、輸出入業務が円滑に行えるようにサポートを行う。この部門を抱える業種は、まず総合商社専門商社
また、メーカー国際物流船舶・航空会社などでも、自社内に海外担当部署を設けているところが少なくない。

具体的な仕事内容としては、通関業務関税の申告を行う一方、船便・航空便の手配から、国内運送保管(倉庫)までも管理する。
さらに、それに伴う支払い、代金回収も担当。クレーム対応までも手掛ける。

海外とのやりとりは頻繁に行われ、自社の海外拠点との連絡はもちろん、現地の代理店や運輸業者、取引先などと、タイミングよく正確な意思疎通を行わなければならない。

どんな能力やスキルが求められるか?

英会話は基本。相手先の言語において、ビジネスレベルの語学力が要求される。近年は、中国・アジア・中東市場への注目が高まっており、中国語、韓国語などのアジア系言語や、アラビア語が使える人材も求められている。

■入社前に「実用英語技能検定」や「TOEIC(Test of English for International Communication)」など、語学力を示す資格を取っておく方が有利。

■海外の商法関税などの知識も不可欠となる。入社後は「通関士」の資格取得を目指すつもりで研さんを積む。

■為替の計算をはじめとして、数字の処理が多い。また通関関係を中心に書類への記入も多い。正確にこなす能力が必要。

貿易事務・海外事務の職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ