学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

経営企画の職種

何をやる仕事?

経営企画は、企業経営に関する専門的知見に基づき、社長や役員などのトップマネジメントをサポートする仕事である。
ボーダーレス化・国際化が進み、次々と新しいビジネスモデルが登場するなど、企業を取りまく状況が複雑化している現在において、ますます重要度が増している。

経営面・事業面での課題を洗い出した上で、それをどのような方向で、どんなステップを踏んで解決していくか、具体的な戦略を策定していく。

自社が何をコア・コンピタンス(重点・得意分野)とすべきか、それを実現するためにはどのような組織にすべきか、売上・利益の具体的な目標は――といった企業の将来を左右する重要な判断が委ねられる。

経営陣と接する機会が多く、実際の経営哲学に触れることのできる仕事だ。

どんな能力やスキルが求められるか?

■高度な知識・スキルが要求されるため、通常はいくつかの部署でキャリアを積んでから、就くケースが多い。

■まず配属された部署で成果を挙げ、実績を示すことが大前提。その上で研修制度を利用して国内外の大学院に留学し、「経営学」あるいは「商学」の学位を取得する。現実として、「MBA(経営学修士)」などの学位を持った人が多い。

■時代の動きを敏感に察知する感覚は不可欠。

■自分のプランを効果的に伝えるプレゼンテーション能力も必要。合わせて、「パワーポイント」などのプレゼンテーション用ソフトが使えるとよい。

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ