学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

調査研究・マーケティングの職種

何をやる仕事?

調査研究・マーケティングは、市場動向を調査し、製品・サービスの販売戦略策定新商品開発に結び付けていく仕事。

消費者への聞き取り調査やモニターへのアンケート、店頭での売れ行き動向の調査などからデータを収集。それに基づき、新技術や経済の動きも含めた、より広い視点からの調査・検討を行い、調査報告書を作成する。
商品自体(セールスポイントや価格)についてだけではなく、広告や販売の戦略、流通経路など、総合的な分析を手掛ける。

調査研究・マーケティング担当を専任で置く企業もあるが、外部の機関に委ねるケースも多い。
マーケティングリサーチの専門会社やシンクタンク、金融系の調査研究会社が請け負うこともある。
スペシャリストを志望するならば、こういった企業を目指すのがいいだろう。

どんな能力やスキルが求められるか?

マーケティング統計学を深く学んでいればアピールポイントになる。

■理論面も大切だが、社会や経済の動向に広く目を向ける好奇心バランス感覚も問われる。

■コツコツと地道な情報収集を行う忍耐力も必要。

■最近はインターネットを利用したマーケティングが主流になってきているので、WEBの知識は必須。

■調査結果のデータを集計したり加工することが多いので、ビジネスでは定番となる「エクセル」や「ワード」、「パワーポイント」といったソフトを使いこせるPCスキルは必須。

調査研究・マーケティングの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ