学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

ブライダルコーディネーターの職種

何をやる仕事?

人生の晴れ舞台、結婚式をトータルにサポートするのが「ブライダルコーディネーター(ウエディングプランナーやブライダルアドバイザーともいう)」。
結婚が決まったカップルに挙式や披露宴、パーティーの企画から進行、運営など、カップルが理想とする結婚式を実現するためにさまざまなアドバイスサポートを行う。

具体的には、式場の案内から始まり、式場が決まった後は、打ち合わせを重ねながら式のプランニングを行う。
ウエディングドレス選び、食事や引き出物のセレクト、招待状のデザインなど、予算に応じたベストなプランを提案する。
当日は、カメラマンや音響担当、司会者などとも打ち合わせ、スムーズな進行をサポートしていく。

かつては、松・竹・梅といったようなパッケージ化されたコースを選んでオプションのサービスを追加する形式の結婚式が多かったが、近年ではその様相も変化している。
ほかの人と違うオリジナルな挙式や披露宴にこだわるカップルが多いだけでなく、「じみ婚」や「セカンド婚」、「おめでた婚」、「プラチナ婚」など結婚式の形態も多様化しており、「ブライダルコーディネーター」の果たす役割はとても重要になっている。

質の高いプランニングやサービスを提供することはもちろんだが、カップルの理想にどれだけ近づけるかが問われている。同時に、それを達成することが「ブライダルコーディネーター」のやりがいともいえる。

どんな能力やスキルが求められるか?

■「ブライダルコーディネーター」の仕事には特別な資格は必要ないが、カップルと一緒に理想的な結婚式を作り上げていくため、要望をうまく聞き出す会話力や安心感を与える言葉遣い、人柄、丁寧に接するホスピタリティーは重要。

■要望を具体的なプランに作り上げる企画力、突然の変更にも対応できる力や、結婚式にかかわるさまざまなスタッフと良好な関係を保つコミュニケーション能力も求められる。

■公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)では、「ブライダルコーディネーター養成講座」や「アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定」を実施しており、こうした講座を受講したり検定資格を取得したりすることでブライダルに関する知識を学ぶことができる。

■一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)では、所定のカリキュラムを修了した人を対象に「ウェディングプランナー資格」を取得できる試験を実施しており、「ブライダルコーディネーター」に求められる知識を習得することができる。

■そのほかに持っておきたい資格としては、「カラーリスト」にかかわる資格や「フラワーコーディネーター」の資格がある。

ブライダルコーディネーターの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ