学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

インテリアコーディネーターの職種

何をやる仕事?

「インテリアコーディネーター」は、自分の感性を生かして快適空間を企画・提案するプロフェッショナル
主に活躍する場所は、インテリア関連製品(カーテン・照明器具・壁紙・家具・シンクや洗面所などの設備機器・インテリア小物など)を取り扱うメーカー、住宅メーカー、インテリアショップなどがある。

仕事の内容は、顧客の希望や好み、生活スタイルなどに合った最適な部屋(空間)づくりの提案で、すべてのインテリアグッズをトータルにコーディネートして顧客に合わせた商品を勧めること。

この際重要なことは、顧客から家族構成や将来も含めたライフスタイル、趣味や好み、価値観などを聞き出し、理解した上で最適なコーディネートを行うこと。
そのため、プライベートなことも含めて、顧客が何でも話せる雰囲気づくりに努めなければならない。
見た目のデザインや高級感だけで提案するのではなく、実際に住んだときのことを考えて、どうしてこの商品を勧めるのかを顧客に納得してもらえるプレゼンテーション能力も大切になる。

「インテリアコーディネーター」が対応するのは、必ずしも個人宅とは限らない。オフィスやレストラン、ホテル、病院、商業施設など、部屋や空間がある場所はすべてが対象となるので、活躍の範囲は広い。

なお、「インテリアプランナー」は、公益財団法人建築技術教育普及センターが行う試験に合格した資格者のことで、インテリアにおける企画・設計・工事監理を行う専門家のこと。
インテリアを含む建築設計や工事監理にもかかわることができ、主に快適なインテリア空間をつくる提案を行う「インテリアコーディネーター」とは異なる。

また、「インテリアデザイナー」という場合は、室内装飾や室内の演出など、空間デザインを行う仕事のことをいう。

どんな能力やスキルが求められるか?

■さまざまな年齢の顧客と柔軟に応対できる接客力気配りが求められる。

■顧客の求めている要望を引き出すコミュニケーション能力

■顧客の要望に対して具体的な企画や提案ができる能力と、その提案を顧客に納得してもらうためのプレゼンテーション力

■インテリアにはその時々で人気のスタイルやアイテムがあるので、常に流行に敏感でトレンドを知っておく必要がある。

■取っておきたい資格には、公益社団法人インテリア産業協会が主宰する「インテリアコーディネーター資格」と「キッチンスペシャリスト資格」がある。「インテリアコーディネーター資格」では、インテリア全般に関する幅広い知識を、「キッチンスペシャリスト資格」では、最適なキッチン空間やキッチンに設置される機器など、キッチンに関する専門知識を習得できる。

インテリアコーディネーターの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ