学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

OAインストラクターの職種

何をやる仕事?

「OAインストラクター」は、自社の教室や派遣先でパソコンやソフトウエアの使い方を教えるスペシャリスト。「パソコンインストラクター」とも呼ばれている。

講習の内容は多岐にわたっており、パソコンの立ち上げ方やマウス・キーボードの使い方を教えることもあれば、「ワード」や「エクセル」といった仕事で多用されるソフトウエアの使い方、「イラストレーター」や「フォトショップ」といった専門的なソフトウエアの使い方を教えるなどさまざま。

就業先はパソコンスクールなどの専門学校やパソコンメーカーが多いが、講習を行う場所は自社にある教室だけでなく、企業の教育研修や職業訓練校に講師として派遣されるといったケースもある。

「OAインストラクター」が活躍する現場では、教える対象は子供から学生、社会人、高齢者までさまざま。また同じクラスでも生徒によってパソコンやソフトウエアの習得レベルが異なることが多い。
そのため「OAインストラクター」には、個々の生徒に合わせた説明やコミュニケーションの取り方を考えて、常に柔軟に対応することが求められる。

なお、講習の内容によっては、授業のプログラムや課題、講習に必要なテキストを自分で考えて作成する場合もある。 OA機器は日々進化しており、そのスピードも早い。常に関連の新製品情報や更新情報をチェックしておくことも不可欠である。

どんな能力やスキルが求められるか?

■パソコンやソフトウエアに関する知識は必須。特に、「エクセル」や「ワード」に加えて最近では「パワーポイント」に対するニーズも高い。

■「MCP」といわれるマイクロソフト社認定資格プログラムの習得。

■一般財団法人全日本情報学習振興協会が実施している「パソコンインストラクター資格」では、基本ソフトウエア(OS)やインターネットに関する知識などを習得できる。

■幅広い年齢層、さまざまなレベルの生徒に講習を行い、また、習得スピードも個々に異なるため、常に柔軟に対応できる説明技術コミュニケーション能力根気強さが求められる。

■常に新しい情報や技術を学ぼうとする向上心も必要。

OAインストラクターの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

毎週更新!人気急上昇記事ランキング

ページTOPへ