学生のための就職情報サイト

  • 会員登録

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

警察官・自衛官の職種

何をやる仕事?

警察官は、警察庁あるいは都道府県警察に勤務し、人々の生命と財産社会の安全と秩序を守るのが仕事。

具体的には、犯罪防止のためのパトロールや指導、道案内や落とし物の返還など所轄地域の生活に密着した活動をはじめ、交通違反の指導、取締りや交通事故処理、迷子や家出人の保護、少年非行の防止、犯罪の捜査、悪質商法の摘発、風俗環境の浄化など、実に幅広い。
警察官として採用されると、まず警察学校に入学し、基礎知識や技能などを身に付けることになる。

一方、自衛官は陸・海・空の各自衛隊に勤務し、日本の平和と独立を守り、国民の安全を保つ仕事である。
外部からの侵略に対する「防衛」のほか、大規模災害発生時の人命救助や生活支援といった災害派遣、国際平和協力活動をはじめとする国際貢献など、さまざまな任務がある。

どんな能力やスキルが求められるか?

■警察官・自衛官ともに、仕事柄、心身ともに健康であることが求められる。

■警察官になるためにはまず警察官採用試験に合格する必要がある。警察官採用試験は、各都道府県の警察本部ごとに年2回程度実施される。

■警察官に必要な資質は、正義感責任感公平性

■自衛官になるためにはまず採用試験に合格する必要がある。自衛官の採用試験は多くの区分がある。年齢・学歴要件といった応募資格もそれぞれ異なる。

■自衛官にとって重要なのは、規律を守り集団行動が取れる協調性

警察官・自衛官の職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ