学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

業界研究・職種研究徹底ガイド 職種研究

専門コンサルタントの職種

何をやる仕事?

コンサルタントという職業は、大きなくくりで言えば「顧客が抱えている問題の解決を手助けする」仕事。近年は、コンサルティングの領域が拡大する一方で、分野も細分化される傾向にあり、各種の「専門コンサルタント」が登場している。

それぞれの業種に対応したアドバイスや業務改善指導を行うのは、具体的にいうと金融コンサルタント、製造コンサルタント、流通コンサルタント、医療コンサルタント、フードサービスコンサルタント……といった具合だ。

また、顧客企業内の一つ一つの業務機能に対応した、人事コンサルタント、販売コンサルタント、特許コンサルタント、税務コンサルタント、物流コンサルタントなどもある。

いずれの場合も、その分野の専門知識を有しているのはもちろん、最新動向将来的な見通しなどのホットな情報に通じていなければならない。多くの場合、その分野で実務経験を積んだ人が独立して専門コンサルタントとなる。

どんな能力やスキルが求められるか?

■知識や判断力だけではなく、それを分かりやすく人に伝えるコミュニケーション能力プレゼンテーション能力が不可欠。

■自分が専門とする領域について、どれだけの情報収集力人脈を持っているかも、コンサルタントとしての価値を左右する。

■専門分野にかかわる資格を持っていることも、顧客の信用獲得につながる。

■コンサルティングする分野における実務経験も必要。例えば人事の経験がない人間が人事コンサルタントをしても説得力に欠ける。

専門コンサルタントの職種の企業情報

※原稿作成期間は2020年12⽉25⽇〜2021年2⽉28⽇です。

業界研究・職種研究 徹底ガイド

ページTOPへ