学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

エントリーシート書き方まるわかり完全版

エントリーシートを 極める

内容をブラッシュアップしよう

STEP 1「自己PR」をさらに極める

3つのパートを意識する

1 自分の「長所」や「強み」 全体の2~3割でまとめる
  • アピールしたい長所や強みは1つに絞る。いくつも書くと、一つひとつの印象が薄れ、結局何がアピールしたいのか分からなくなってしまう
2 「長所・強みが表れた具体的な行動」と「成果」 全体の5割でまとめる
  • 行動に関して「動機(なぜ?)」「目標(何のために?)」「心掛け(どのように?)」をしっかりと表現する。成果のアピールの際に数字を活用すると客観性や説得力が加わり効果的。
3 「弱点」と「弱点に対する注意」 全体の2~3割でまとめる
  • 「裏返せば長所となる短所」を紹介し、その短所に伴うエピソードを続ける。最後に「短所を克服するための努力」の紹介で締めくくる。

【文章実例】

【ポイント解説】

  1. 1結論先行のスタイルで分かりやすい
  2. 2新しいことに取り組む姿勢をアピールできている
  3. 3成功体験であっても「振り返り」をし、次の課題を見つける資質が感じられる
  4. 4周囲と人間関係を築きながら物事を一緒に進めることができる人物像が伝わる
  5. 5成果の客観性もあり、内容そのものにもインパクトがある

3つの工夫で印象度がアップする

テクニック その1

他者の評価を盛り込む

第三者の評価を入れることで、客観性と実証性が加わり、説得力を高めることができる

テクニック その2

太字や下線で強調する

アピールしたい場所が強調されることで内容確認がしやすくなる

テクニック その3

タイトルをつける

最初に見出しがあると、内容把握をしてから読み進められるので伝わりやすい

STEP 2「学生時代に最も打ち込んだこと」をさらに極める

3つのパートを意識する

1 始めたキッカケと目標 全体の2~3割でまとめる
  • 学生時代に打ち込んだことの内容とそれを始めたキッカケを記す。何を一番の目標として取り組んでいたかを説明する。
2 成果と困難だったこと 全体の5割でまとめる
  • 数字や第三者の評価などを使って成果を具体的に述べる。取り組みの中で困難だったこととそれをどう乗り越えたかを説明する。
3 経験から得た自信とそれに伴う変化 全体の2~3割でまとめる
  • 打ち込んだことによって、どのような点で自信を持てるようになったか、その自信がどう活きているかを書く。自分の行動や周囲の評価の変化などを説明する。

【文章実例】

【ポイント解説】

  1. 1取り組みと続けた理由が明確である
  2. 2自分の強みがアピールできている
  3. 3具体的な成果が示されている
  4. 4困難な状況に対しての工夫や努力が感じられる
  5. 5内面的な成長が伝わる

3つの工夫で印象度がアップする

テクニック その1

数字を活用する

数字を用いることで、成果を具体的に示すことができる

テクニック その2

太字や下線で強調する

アピールしたい場所が強調されることで、内容確認がしやすくなる

テクニック その3

タイトルをつける

最初に見出しがあると、内容把握をしてから読み進められるので伝わりやすい

STEP 2「志望動機」をさらに極める

3つのパートを意識する

1 感じている魅力の明確化 全体の2~3割でまとめる
  • 志望職種にどのような魅力を感じているのかをまず明確にする。自分が志望職種に向いている理由も示す。
2 自分の考えや企業への共感 全体の5割でまとめる
  • 他社の製品と比較したり、業界の状況などを分析して、自分の考えを書き表す。企業に対しての「共感」や「賛同」の気持ちを示すことを意識する。
3 入社して取り組みたいこと 全体の2~3割でまとめる
  • 特に担当したい対象(部署や製品など)を明確にする。「営業で頑張りたいです」程度の回答と一線を画すことができる。

【文章実例】

【ポイント解説】

  1. 1志望理由を明確に表現できている
  2. 2企業の特性や理念をよく理解できている
  3. 3業界の現状や可能性について研究していることが伝わる
  4. 4他社と比較した上で志望企業の優位性を示せている
  5. 5入社後のビジョンを具体的に表せている

3つの工夫で印象度がアップする

テクニック その1

自分の強みを盛り込む

自分の能力や強みを仕事に結びつけることで、自分が志望職種に向いていることをアピールできる

テクニック その2

箇条書きを活用する

複数の情報が整理され、訴求効果があり、論理的な印象を与えることができる

テクニック その3

太字や下線で強調する

アピールしたい場所が強調されることで、内容確認がしやすくなる

マイキャリアボックス(MCB)で
エントリーシートを作成する!

NEXT PAGEエントリーシートを書く

ページTOPへ