学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

【重要】3月に向けた就活スケジュール/マイナビの機能について

予約リストとは?
3/1 0時0分までは企業に個人情報は送られません。2/28まで追加・削除は自由にできます。詳細はこちら

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

金融業界

銀行・証券(ネットバンク・その他)の業界地図

インターネット専業銀行は手数料の安さなどで成長してきた。今後はスマートフォンを使ったモバイルバンキングが成長しそうだ。

※掲載企業は売上や総資産額などに加え、業界のトピックを踏まえてマイナビ編集部が選定した一部の企業となります。また掲載内容に関する基準はこちらよりご確認ください。

ネットバンク

住信SBIネット銀行

コンビニ、ゆうちょ銀行のATM利用可能で手数料無料

大和ネクスト銀行

大和証券との資金移動可能で、金利優遇策も実施

楽天銀行

コンビニATMの手数料無料。ポイントサービスも展開

オリックス銀行

投資用不動産ローンがメイン。信託業務を兼営

PayPay銀行

ネット銀行の草分け。金融商品のほか、宝くじも扱う

GMOあおぞらネット銀行

デジタル技術を使い法人向けサービスが充実

流通系その他ネットバンク

イオン銀行

イオングループのほか、都銀、コンビニATMも利用可

ローソン銀行

コンビニATM事業のほか、クレジットカードも発行

銀行・証券(ネットバンク・その他)業界の企業情報

銀行・証券(ネットバンク・その他)業界の「現在」と「未来」

低い手数料などで顧客獲得。各種の金融商品も扱う

2000年に銀行業への参入規制が緩和され、都銀系、証券系、流通系などさまざまな業種を母体とするインターネット銀行が誕生した。ネットバンクは店舗を持つことがないためコストが低く、その分、金利を上乗せしたり、振り込みなどの手数料を低くしたりするなどのサービスで利用者を獲得してきた。振り込みや振替、残高照会などが24時間行えることも特徴だ。最近では、キャッシュレス決済の入金・引き出し口座として利用されるケースも増えている。流通系では決済サービスを拡大し、貸付にも乗り出すところもある。

振り込みや決済などだけでなく、各行とも預金口座から株式投資、FX(外為証拠金取引)、投資信託など各種の金融商品に投資できるサービスを展開。政府の「貯蓄から投資へ」という掛け声の窓口の一つともなっている。

ただ、メガバンクや地方銀行などもネットバンクサービスを強化しており、顧客獲得競争は激化している。

スマートフォン利用のサービスもセキュリティ意識が必要

ネットバンク利用者はかつて、パソコンを利用するケースが多かったが、スマホの普及に伴い、各行ともスマホからでも各種サービスを利用できる体制を整備したほか、スマホ専用のモバイルバンクも登場した。利便性を高めることで、さらに顧客獲得につなげたい考えだ。

ただ、スマホ利用を想定すると、セキュリティへの対応が課題となる。実際、不正送金や詐欺などの被害が報じられている。手口も攻撃型、フィッシングなど複数ある。もちろん、ネットバンク側もセキュリティ対策を強化。例えば、取引内容の24時間モニタリング、専用ソフトの推奨、一度しか使えないパスワードを利用するなどだ。もちろん、利用者側のセキュリティ意識も求められている。

※掲載内容の基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

就活準備コンテンツ

ページTOPへ