学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

流通・小売業界

百貨店・スーパー・コンビニ(ホームセンター)の業界地図

ホームセンター市場は堅調に推移しているものの、競争が激化。これに伴い、新分野への進出や海外展開の動きが目立っている。

ホームセンター

カインズ

オリジナル商品を中心に販売。ベイシアグループ

DCMホールディングス

業界トップクラス。2021年3月に子会社5社統合

100%出資

100%出資

100%出資

100%出資

19.2%出資

5.4%出資

4.2%出資

コーナン商事

近畿圏に集中出店。PB商品などを拡大

コメリ

新潟県が発祥。関東、関西地区にも積極出店

ナフコ

家具専門店とホームセンターを併設して出店

ビバホーム

東日本を中心に展開。アークランドサカモトの傘下

島忠

家具店とホームセンターを展開。埼玉県が地盤

アレンザホールディングス

ホームセンターのほか、ペットショップも展開

ケーヨー

関東を中心にケーヨーD2を約180店舗展開

PLANT

ホームセンター+スーパーのスーパーセンターを展開

東急ハンズ

生活雑貨、文具、DIY商品など多品種販売が特徴

Olympicグループ

ホームセンターのほか、食品スーパーなども展開

スーパーバリュー

首都圏でホームセンター、食品スーパーを展開

百貨店・スーパー・コンビニ(ホームセンター)業界の企業情報

百貨店・スーパー・コンビニ(ホームセンター)業界の「現在」と「未来」

売上高は3兆9,000 億円台。店舗数は拡大続く

大工道具や家具、日用品、自動車用品など幅広い品ぞろえと、郊外への大規模店出店で成長してきたホームセンター。日本DIY・ホームセンター協会によると、2019年度の総売上高は前年度比0.1%減の3兆9,890億円だった。11年度から3兆9,000億円台で推移し安定している。逆に、店舗数は11年度の4,310店から19年度には4,810店と増えており、1店舗当たりの売上高は伸び悩んでいるといえる。ドラッグストアや家具専門店、さらにネット通販との競合激化が一因ともされている。

続く業界再編。新事業開拓の動きも

ホームセンター業界は大手企業が地方の中小企業を買収するなどの業界再編が盛んだったが、その動きは続いている。20年に入って、アークランドサカモトがLIXILビバを買収したのは、規模の拡大による経営効率化やPB(プライベートブランド)商品拡大などが狙いだ。買収以外でも、建設業や農業向けプロ向け用具を販売するほか、ネット通販も拡大。また、海外へ進出して売上高拡大を狙う企業もあり、各社とも拡大戦略を続けている。

データで見る業界のポイント

年間総売上と店舗数推移(推計値)

年間総売上と店舗数推移(推計値)
「ホームセンター売上高」(日本DIY・ホームセンター協会)2020年

※掲載基準について

  • ※掲載基準について

    業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ