学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

電子・電気・ OA機器(半導体・電子・電気機器)の業界地図

世界の半導体市場は一時的に減少したが、新しい需要をつかんで伸びる見通し。電子部品もそれにつれて回復が見込める。

半導体

キオクシアホールディングス

東芝グループ。フラッシュメモリー世界2位

ルネサスエレクトロニクス

車載用マイコンに強み。IoT関連事業も展開

ローム

カスタムLSIに強い。電気自動車向け半導体に注力

インテル

MPU世界最大手の日本法人。フラッシュメモリーも販売

ソシオネクスト

サーバー、画像処理、音響など特定用途向けLSIに強み

半導体製造装置

東京エレクトロン

半導体・薄型ディスプレー用製造装置の世界的大手

SCREENホールディングス

表面処理、直接描画、画像処理で半導体市場などを開拓

アドバンテスト

半導体検査装置に強い。電子ビーム露光装置も展開

ニコン

縮小投影露光装置に強み。光加工機も強化

日立ハイテク

半導体計測・検査装置などを製造。医用機器なども展開

KOKUSAI ELECTRIC

成膜技術を生かした半導体製造装置などを製造

ディスコ

半導体・電子部品向け研削・研磨装置で世界大手

電子部品

京セラ

セラミックス製コンデンサー、半導体パッケージに強み

日本電産

精密モーターで小型から大型まで。買収戦略に積極的

村田製作所

セラミックスコンデンサーで世界首位。原料技術に強み

TDK

磁性材料・部品に強み。センサー部門に注力

電子・電気・ OA機器(半導体・電子・電気機器)業界の企業情報

電子・電気・ OA機器(半導体・電子・電気機器)業界の「現在」と「未来」

世界の半導体需要は増勢。半導体製造装置も回復へ

世界半導体市場統計(WSTS)によると、2019年の世界の半導体市場は前年比12.0%減の4,123億ドルとしている。米中貿易摩擦などが要因。ただ、20年は3.3%増、21年は6.2%増と回復を見通す。メモリーの市況回復に加え、世界的に増えた在宅勤務やデータセンター用機器の需要が増えるためだ。日本市場は、19年は同11.2%減の3兆7,535億円、20年も同4.2%減だが、21年は同3.3%増の3兆8,787億円に増えると見込まれる。

一方、日本半導体製造装置協会によると、日本製の半導体(薄型テレビ含む)製造装置の販売額は、19年度が前年度比8.5%減の2兆5,488億円だが、20年度は5GやIoT、自動運転向けの半導体需要が伸びるため6.7%増、21年度は7.0%増と予測される。

2019 年の電子部品出荷6%減も、半導体とともに回復の予想

電子情報技術産業協会によると、19年の半導体以外の電子部品出荷額は、前年比6%減の3兆7,079億円だった。ただ、日本の電子部品メーカーは国際競争力が高く、半導体回路用の電子部品需要は回復が見込めそうだ。

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ